topimage

2017-08

犬は生まれながらのカウンセラー - 2015.01.31 Sat

犬の専門ブログであるdog actually(ドッグ・アクチュアリー)にとても興味深い記事
があったので、それについて触れてみたい。

記事の内容は、臨床心理士をされている北條美紀さんへのインタヴューである。
北條さんは一度も犬を飼った経験がないが、カウンセラーとしてクライエントとかか
わっていくなかで、犬が人に及ぼす癒しの効果に注目するようになったという。
クライエントの心の中にある犬の姿を見つめることで、犬という動物がもつ三つの
特徴を指摘している。

その三つとは、カウンセラーとして求められる必要条件そのものだという。つまり
犬はうまれながらにしてカウンセラーとしての資質をすべて備えているというのだ。
心理学の用語でいうところの「自己一致」、「無条件の肯定的関心」、「共感的理解」
を指す。

自己一致とは、思ったり感じたりしていることと口から出る言葉が一致していることを
いう。改めて考えてみるまでもなく、人の言動とその真意は必ずしも一致するとは限
らない。自分を正当化したり保身を図るため、様々な理由から人は言葉を慎重に選
んで話をする。政治家の言葉など、真意であるのは十に一つもないだろう。

その点、犬は常に自己一致している生き物だ。人は犬の行動を見て、その真意を疑う
必要は全くない。その言動については、100%信頼できるパートナーといえよう。人が犬
に感じる安心感や信頼感はこのような犬の性格に関係している。

次の無条件の肯定的関心とは、犬が人をみるとき特定の価値に基づいて判断すること
はないということをさす。犬は人間社会にある基準とは、全く別の枠組みの中で生きて
いる。北城さんは、こんな例を挙げている。

「たとえば自分に価値がないと思っている飼い主さんがいるとします。けれど、犬は人の
価値を評価することなどせず、そんなことは一切お構いなしに飼い主さんのところに喜ん
で飛んできますよね。」

犬はありのままの飼い主の姿を受け入れ、無条件に愛情を傾けているのである。犬のつ
ぶらな瞳の奥底には、飼い主に対する純粋で深い愛情が宿っている。

最後の共感的理解という点については、犬は人よりもずっと素早く的確に気持ちの根底を
察知する能力があることを指摘している。人は相手の感情を理解するためには、その人の
置かれている状況、人間関係、生い立ちなどを聞かなければならないが、犬の場合は気持
ちの根底に何があるかをシンプルに感じ取っているという。

そのあたり北條さんはこのように説明している。

「たとえば飼い主さんに悲しいことがあったとき、犬はさまざまな価値基準などすべて飛ばして
"悲しいんだね"という部分に直接行けると思うのですが、私たちはあたかもその相手になって
みないと、悲しんでいる相手の感情にたどりつけません。悲しいんだね、という理解に行きつく
までの道のりが長いんです。」


北城さんが指摘しているこれらの犬の特徴は、私がJOYと日々生活するする中で感じている
こととほぼ一致している。自分では全く犬を飼ったことがない人が、これほど見事に犬の特徴
を描いていることに驚きを禁じ得ない。


IMG_5952.jpg


セラピードッグという言葉はよく耳にするが、その具体的内容についてこの記事を読むまで理解
していなかったことに初めて気づいた。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

● COMMENT ●

wonwonさんこんばんは。

なるほど…と思いました。
本当にワンちゃんは腹黒くなく←
一言で表せば純粋で
飼い主の地位とか財力とか関係なく
自分の飼い主が一番で…、。

人間の醜さを反省させられることが
多々あります。

お金持ちで何不自由なく食べれて守られてるワンちゃんも幸せ。

お金がなくても飼い主と一緒に遊んだり毎日を過ごすワンちゃんも幸せ。

らてママ個人的には
どんな豪華な食事や住まいよりも
一緒に過ごせることの方が幸せかなって思います。

ワンちゃんの一途な純粋な想い。
大切にしたいです。

Re: らてママさん

もともと犬は人間の仕事を手伝うために使われてきたのですが
最近はその必要は減少し、もっぱら人を癒すために飼われるこ
とが多い様な気がします。

犬はどうして人を癒すことができるのか、これを読んでその理
由が分かりました。犬の一途な思いに人は心を打たれるという
ことは、逆に言えばそれだけ人の社会は腹黒いのですね(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/882-08820072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

確信犯 «  | BLOG TOP |  » 犬は自分の悪行を自覚している?

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (163)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (107)
犬のご飯 (42)
健康 (69)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (13)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (6)
AYA (131)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (59)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (13)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (30)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)
雨の日のこと (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア