topimage

2017-10

噛みやすい犬種ってあるの? - 2014.05.02 Fri

dogactuallyのライターである京子アルシャーさんが「噛みやすい犬種?」
という興味深い記事を書いていた。

扱っているデータはペンシルバニア大学が行ったアンケート調査によるものだ。

残念ながらドーベルマンは、この調査では対象外になっている。
統計上必要な1犬種で最低45件の回答に満たなかったからだ。


他人を噛んだことのある犬


「他人を噛んだことがあるか」という質問に対して、最も多かった犬種はダックスだ。
20.5%という高い割合で断トツの1位を獲得している。これを見る限りダックスの5頭
に1頭は他人を噛んでいることになる。アナグマ犬ともいわれるこの犬は、もともと穴
を掘る小型犬として、地中の巣穴にまで獲物を追いかけ、外に連れ出して息の根を止め
る。そんな粘り強い狩りをしていた昔の姿が思い出される。

その次に多かったのがチワワだ。チワワは大きな目の可愛らしい顔をしているが、感情
の起伏が激しいタイプの犬種と聞きく。評判通り、堂々の2位を獲得している。チワワ
に限らず、4位ボーダー・コリー、5位ビーグル、6位J・ラッセルテリアは人気の高い
犬種だが、しっかりしつけをしないと文字通り痛い目にあいそうだ。

ピットブル7位、秋田犬13位という結果を意外に思った人もいるだろう。これらの犬種
は犬の咬傷事件でよく耳にするからだ。でもよく考えてみれば、チワワに噛まれても怪
我はするが事件にはならない。一般に大型犬の飼い主は、人を噛むことの危険性を常に
考え、しつけなどにおいても厳しい態度で臨んでいるのではないだろうか。秋田犬につ
いては、アメリカでの調査であることを考えると、アメリカン・アキタであると思われ
る。日本の秋田犬であれば、結果は違っていたであろう。


飼い主・家族を咬んだことがある犬


この調査では、他人と区別して家族に対して噛んだことがあるかを質問している項目が
ある。忠誠を尽くすべき飼い主への反逆という意味では、他人を噛むことよりも不名誉
なことかもしれない。ここでも上位を占める犬種は先ほどの結果とあまり変わらないが、
その割合は他人を噛む場合よりかなり少ない。当然のことであるが。

ここでの1位はビーグルである。しかもこの7.9%という数値は、他人を噛む割合と全く
同じである。これをみて京子アルシャーさんは『ビーグルにとっては飼い主も他人もあ
まり変わらぬ存在ということなのだろうか?』とコメントしている。いくらなんでもそ
んなことはないだろう。

B.マウンテンドッグは「他人を噛んだことがある」が1.5%なのに対し、「飼い主・家
族を噛んだことがある」はその倍の3.0%になっている。その論法だとB.マウンテンド
ッグは、家族よりも他人を信頼する犬種ということになってしまう。

ここで私が注目したのは、ボクサー0%、ロットワイラー1.0%だ。どちらも強面で精悍
なイメージがあるが、家族に見せる顔は穏やかで甘えん坊だと聞く。ドーベルマンにも
似ているところが感じられる犬種でもあり、この結果は私にとって嬉しいものであった。


他の犬を噛んだことのある犬


「他の犬を噛んだことがある」の結果は、大方の想像した通りといえるかもしれない。
確かに秋田犬やピット・ブルは共に闘犬としてブリーディングされていた過去をもって
いる。しかし犬種の特性ということで全てが説明できるわけではない。飼い主の態度や
個体差、あるいは病気・疾患などにも大きく左右されるからだ。

「他の犬を噛む」ことの定義にもよるが、犬が社会化する過程において他の犬を噛む
ことはよくあることである。たとえ仲のよい兄弟姉妹であっても、喧嘩をして怪我を
することも珍しくない。「他の犬を噛む」とはどのような状況を指すのか分からない
部分もあるが、大型犬や小型犬を問わず、かなりの高い割合で犬は他の犬を噛むもの
だとことは覚えておいた方がよいだろう。

これらのデータをみても、私には「噛みやすい犬種」が存在するかどうか分からない。
どこまでが犬種によるものか、どこまでが飼い主の責任によるものかを判断できないか
らだ。さらに言えば、そのようなレッテルを特定の犬種に貼り付けることには何の意味
もない。いつの時代も純血腫は人の好みによって作られてきたものなのだから。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
クリックしてもらえると励みになります

● COMMENT ●

その中に入ってませんが、知り合いの訓練士によるとホワイトシェパードはよく噛む、と言ってました。元々Gシェパードの中からホワイトが時たま出たようですが、ホワイトは人間に淘汰されてきたようです。その記憶が遺伝子を伝って犬の中に残っていると考えられるのだとか。故にGシェパード以上に臆病で、拒否を表す前に噛む行為で表現されるのだそうですよ。
ピットブルもショータイプと闘犬タイプで全然違う、とは聞きますね。

犬種によるもの、とういのは大きいと思います。私はドーベルにはただの一度も噛まれた事がありませんが、コリーは今でも嫌な事をされると歯を当ててきます・・・シェルティは昔は嫌な事されると噛んできましたが、それがイケナイ事と教えると我慢するようになりました。同じ環境で育てているのにこんなにも違いが出ます。

気になったので。。。

初めまして
ちょっと気になったのでコメントさせて頂く事にしました
私はダックスが大好きで今まで10頭以上のダックスを飼ってきました
(ちなみに今も飼ってますが)
でも私は我が家の子達に噛まれた事は一度もないし、我が家の子が他の子を噛んだ事もありません
確かによく吠える犬種ではありますが決して攻撃的ではない犬種であると思っています
ダックス仲間もたくさんいてかなりの頭数を知っていますが
そういう(噛まれた)話はほとんど聞いたことがないです(ゼロではないのが残念です)

どちらかと言うと私の周りでは柴ちゃんはかなりの確率で飼い主さんに噛みついていて
柴は要注意と言うイメージが先行しています(^^;)柴の飼い主さんごめんなさい

私はダックスが大好きなのでみなさんにもよいイメージを持って頂きたくて
つい書き込んでしまいました
通りすがりで一方的なコメント、大変失礼しました




Re: タイトルなし

ちゃーちゃん様

貴重な情報ありがとうございました。
ホワイトシェパードは穏やかな犬と思っていたので驚きました。
ピットも闘犬とショータイプでは違うのですね。

まだまだ分からないことが多いということが改めて分かりました。
これからもよろしくお願いします。

Re: 気になったので。。。

通りすがりです様

はじめまして。
コメントを読んでダックスに対する愛情がひしひしと伝わってきます。
自分が好きな犬種が、他人を噛む犬種1位なんて聞いたら驚きますよね。
でもそれは全体的な傾向を示すだけで、飼い方次第でいくらでも変わる
ということも事実だと思いますよ。これからもよろしくお願いします。

フレブルは入っていませんね(笑)。ピットブルがほかの犬に対して攻撃的な一面はあると思います。ほかの犬、というよりもほかの(人間以外の)生き物ですね。闘犬というより猟犬の血だと思うのですが、猫、羊、山羊、牛、鴨、すべてにロックオンしますから(笑)。
フレディはやはり破壊力の大きい犬ですので、取扱い注意なのは間違いありません。安全安心で暮らせるペットブルを目指してトレーニングに励んでおります。

Re: タイトルなし

BOBの相棒様

コメントありがとうございます。

> フレブルは入っていませんね(笑)。
ドベと同じように統計上必要な標本数が足りなかったのでしょう。

>猫、羊、山羊、牛、鴨、すべてにロックオンしますから(笑)。
猫や鴨は分かりますが羊や牛もロックオンですか。
確かに、羊も牛も美味しそうですよね。

ブログを拝見するといつも優雅に散歩されていて、苦労なんて
微塵も感じさせませんが、活発で力強いフレディ君と向き合う
のは大変なこともあるのでしょうね。

>安全安心で暮らせるペットブルを目指してトレーニングに励んでおります。
ブログにあったAlways Positive!の姿勢ですね。綺麗な写真もそうですが
BOBの相棒さんのブログに惹かれたもう一つの理由が、今、分かりました。

おっと。他の犬を噛むの所に、ハスキーの文字が((((;゚Д゚)))))))

がーん。

ま。でもたしかに、時たまきつーいハスキーをみます。唸ってたり怒ってたり、だからなるほど。と思わざるをえませんね!!

うちのハスキーズも絶対噛まないとは言えないので、限りなく0にちかづくように、日々しつけをいれてかなきゃいけませんね(−_−;)☆

おー( ̄▽ ̄)いいですねー。
我が家のルイポンが ワンツーフィニッシュを飾っています( ̄^ ̄)ゞ
ありがとうございます。
ついでにキャスも凶暴犬として追加しといてください^ ^

僕は犬を飼いはじめて間もない素人ですが、最近よく思います。
犬なんてどれも同じだと。
犬が野生をやめて長い年月がたち、家庭犬として何度も何度も交配を重ね今に至るわけなので、もう犬種別やら本能やらは薄まっているのではないかと。

結局今の犬なんて野性味がうすまった上に人に育てられた高等動物ですから、結局は飼主しだいだと思っています。環境や教育次第で180度違う性格になるのではないでしょうか。

アホ犬か相棒になるかは 自分したいです。
犬と飼主の対応をを見れば飼主の程度がわかりますな。

ついでに言えば、他人の解釈はあまり参考にしない方がよいかと思います。犬も飼主も結局自分がどうしたいか、なにをすべきかです。

Re: タイトルなし

4ハスさん

今日から連休が始まりましたが、ワンちゃんとたくさん遊べる機会がある
と良いですね。

4ハスさんとこは、JOYと違って礼儀正しいワンちゃんばかりじゃない
ですか。羨ましいです。これまでハスキーといいうと身構えていましたが
4はすさんだと安心していられます。


Re: タイトルなし

キャスさん

貴重なご意見ありがとうございました。

いよいよ今日からゴールデンウィークですね。
犬たちと存分に遊びたいと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/711-25999ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お久しぶりです «  | BLOG TOP |  » 『何かお困りですか?』の一言を

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (166)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (108)
犬のご飯 (42)
健康 (71)
知識 (51)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (13)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (15)
犬にまつわること (6)
AYA (132)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (60)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (13)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (32)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (6)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)
雨の日のこと (1)
非常事態 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア