topimage

2017-07

ワクチン接種について - 2014.03.24 Mon

JOYにワクチンを打つため、かかりつけの動物病院に行ってきた。

前回は一昨年の11月なので、1年4ヶ月ぶりの接種ということになる。

 

狂犬病の予防接種は法律で義務づけられているが、それ以外ワクチン

については、飼い主の判断に任せられている。狂犬病の場合は、犬と

いうよりむしろ、人間の安全を守るということを目的としている。それ

以外のワクチン接種は、いうまでもなく犬の病気予防が目的である。

 

接種するワクチンの種類は1~9種あり、その中で何種類にするかを

飼い主は判断しなければならない。ワクチンには当然、副作用もあり

多ければ安心というわけでもない。混合ワクチンについては数が増え

るごとに、つまり対応する感染症の数が増えるごとに副作用のリスクが

高まっていくということも忘れてはならない。何年もの間まったく問題が

出なかった場合でも、ある年に突然副作用が出るケースもあるという。

 

その犬がどのような生活環境にあるのか、他の犬と接触する頻度や、

その犬の行動範囲などを考え、感染する可能性に応じた種類を接種

すればよいというのが基本的な考え方だ。JOYの場合は、ドッグラン

へもよく行くし、旅行などでいろいろな場所にも連れて行くことから、

前回は7種混合ワクチンを選択した。

 

JOYは年齢的にもまだ若く、今回も7種混合ワクチンで問題ないと考え

ていた。ところが、7種混合ワクチンの在庫が病院にないので、その代

わりに8種混合ワクチンにしてはどうかと獣医が尋ねてきた。

 

「7種がないから8種にするかだって?」

 

その安易な発想に私はムッとした。JOYに8種類のワクチンが必要だ

というなら分かるが、7種の在庫がないから8種にしましょうという言葉

は動物の命を預かる獣医師の言葉とは思えなかった。ワクチン接種は

リスクを伴うものであり、できる限り少ない方がよいというのが私の基本

的な考えだからだ。

 

私が獣医師に声を荒げる姿をみて、妻は大人気ない態度だとたしなめた。

妻に言わせると、私は子どもと変わらないらしい。

 

私はこの動物病院を院長先生の見識と人柄に惹かれて利用しているが、

それ以外の先生については、何かと不満を感じることがある。そのたびに

率直に意見を言っている私を、院長先生はいつも温かく受けとめてくれて

いる。

 

予防接種については、犬だけではなく人間の場合も、判断に迷うケース

がある。AYAに対して、子宮頸がんを予防する為の子宮頸がんワクチン

「サーバリックス」を接種すべきか悩んだことがある。子宮頸がんは20代

から患者数が急増するため、ウィルスに感染する可能性の低い10代のう

ちにワクチンを接種するのが効果的だとされているが、深刻な副作用が

報告されており接種にためらいを感じていた。

 

病気を予防するためとはいえ、ワクチンの接種は有害な物質を体に取り

込むことであり、その扱いは慎重にすべきだと思う。

 

いつまでも子どものままの二人です。

 
          にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ 

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!



AUTHOR: アビィ EMAIL: URL: http://ameblo.jp/roab-roab/ IP: 112.139.40.171 DATE: 03/24/2014 22:25:28 先日はお久しぶりでしたぁ~☆ JOYパパさん クレーマーになっています(笑) 予防接種は個人の考えもありますが・・ 義務になっている狂犬病予防接種・・ これって 日本で報告されていないのに 受けなきゃいけないのよね~ 予防接種の度に アビィブランはお腹ゆるゆるになるんですわ 多かれ少なかれ 身体に負担はあるって事で私は受けさせたくないかなぁ・・ でも受けないと行動範囲に影響がでるからね~ (=_=)

● COMMENT ●

こんばんは(^_−)−☆
紋治もワクチン接種をしないといけないので、いつも行ってる病院に行きました。
紋治を見てくれてる先生は紋治の生活環境や行動をみて色々と考えてくれます。
その日は接種をせずに色々と先生と話をして、紋治にあったワクチンを選定してから接種する事にしました。
紋治は川にも入るから寄生虫の予防も必要です。
話をちゃんとしてお互いの合意のもとで最良の方法を示してくれる先生を僕は信用してます(^_−)−☆

うちも9種です いろいろ出かけることが多いので。
病院によっては9種がなかったりするようですね 先生の考えにもよるんでしょうね~

多価ワクチンは飼い主の手間(病院へ足を運ぶ回数が増えること)を減らすため、と聞いたことがあります。でも、その為に犬の体に負担が大きくなることは、飼い主だって望んでいない、と思うのですが。
単価ワクチンの種類を揃えてくれれば、何回かに分けて接種することも可能になりますよね。
危険な多価ワクの種類をふやすんじゃなくて、単価ワクチンの種類を増やすという選択肢をもっと広げて欲しいです。
そういう考え方が、製薬会社の方にも獣医さんの方にもない、という方が問題でしょう。ですから、Wonwonさんの反応はもっともですよ〜!むしろ、獣医さんには良い薬です!(拍手)
多価ワクを打つ方が良いこと、という誤った情報が広がってしまっているのが問題です。
ワクチン(多価か否かの他にも接種するか否かも含めて)の短所と長所の両方の情報を飼い主にもっと正確に伝えるべき、といつも思います。
私も以前別の病院で、抗体価を計ってから価の低い結果の出たものだけ接種したい、と希望したところ、それじゃ費用がかかるだけだから多価ワクでまとめて接種したほうが経済的と獣医さんに言われたことがあります。(苦笑)
レプトは確かに怖いですが、細菌性ですから抗生物質も効きます。
別の病院では、「万が一レプトに感染したら、抗生剤を打っていただきますから」と獣医さんに伝えたところ、飼い主さんがそこまで腹をくくっているなら、と引き下がられました。(爆)
という訳では、我が家は2種です。
でも、もうシニア年齢のモアナには打たないと思いますし、他の子も我が家の飼育条件や各個体の体調からして、接種の予定はありません。

アビィさん
先日は偶然にお会いできて嬉しかったです。アビィさんのブログにコメントを入れた直後だったので、なにか不思議な感じがしました。
狂犬病が発生していない国は日本、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどごく一部の国です。それ以外の国では未だに数多く発生しており、毎年55000人の死者が出ているそうです。
国内の発生がないにもかかわらず、狂犬病接種が法律で定められているのは、仮に狂犬病に感染した犬が日本に持ち込まれても、感染が拡大するのを防ぐのが目的なのかもしれませんね。
とはいえ、JOYが高齢化して狂犬病接種に耐える体力がなくなった時は、接種を見合わせるかもしれません。

$さん
私も連休最後の日はすいらんに行きたかったです。$さんやキャスさんのブログを見ながらいつも羨ましく思っています。

4ハスさん
>怒ってるJOYぱぱのが、もっと怖そうだな〜と思いました
それは誤解ですよ。私はいたって穏やかな平和主義者です。
ドベを飼っている人は恐いとうイメージがありますが、実際にお会いすると温かい人が多いように思います。若干の例外もありますが。

zakiさん
>その日は接種をせずに色々と先生と話をして、紋治にあったワクチンを選定してから接種する事にしました。
とってもよい先生ですね。腕の確かな先生がよいのは当然ですが、丁寧に説明をしてくれる先生、飼い主の気持ちをしっかり受けとめてくれる先生が、本当の名医だと思います。

ヤンママさん
情報ありがとうございます。ワクチン一つとっても、いろんな先生の考え方があることが分かりました。飼い主は専門的な知識に欠けるので、どうしても獣医師の意見に頼るしかないですよね。

秋さん
秋さんのコメントを読むと自分の知識がいかにつたないものであるかを痛感します。このような形で自分が知る世界が広がることを嬉しく思うと同時に、ブログを書いてよかったと実感してます。
>多価ワクを打つ方が良いこと、という誤った情報が広がってしまっているのが問題です
この点については私も考えてみたことがありませんでした。いっぺんに済ませてしまった方が飼い主も楽だし、製薬会社も多くの利益が得られるということなんですね。
ペットビジネスは巨大市場であるうえ、規制の面では比較的緩やかなのが現状です。「ペットの命を守る」という文句で宣伝すれば、かなりの儲けになるでしょうね。
>危険な多価ワクの種類をふやすんじゃなくて、単価ワクチンの種類を増やすという選択肢をもっと広げて欲しいです。
ペットの安全を考えれば一種類づつ接種する方が確かによいですね。これも今まで考えもしなかったことです。いかに製薬会社の戦略に私自身も乗せられていたのかがよく分かりました。
>ワクチン(多価か否かの他にも接種するか否かも含めて)の短所と長所の両方の情報を飼い主にもっと正確に伝えるべき、といつも思います
残念ながら犬の場合は人間よりもはるかに安全面における基準が低いと思います。私がドッグフードをやめた理由の一つに猛毒の酸化防止剤が使われていたことがあります。
一人ひとりの獣医さんをみると、とても立派で尊敬できる人が多いと思います。しかし一方、経営的な面で見ると、ワクチン接種における売り上げは大きいのではないでしょうか。
秋さんの様に多くの飼い主が2種になったとしたら、獣医や製薬会社は結構大きな打撃を受けることになるかもしれません。
いつも貴重な情報を教えていただいてありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/683-7074176c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仲良しの二人 «  | BLOG TOP |  » 那須烏山

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (163)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (106)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (6)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (58)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア