topimage

2017-07

秋田犬のコロとシロ - 2014.03.12 Wed

妻は子どもの頃から、多くの犬と仲良く暮らしていた。

その犬のなかで、最も印象に残っているのが秋田犬のコロだ。

真っ黒で大きな体をしたコロは、とても優しい雌の犬だった。

 

(写真は実在のコロではありません)

 

妻は小学校から帰ると真っ先にコロのもとへ駆け寄り、じゃれあって

遊んだり、辛いことがあった時は、コロに話しかけていた。コロはそん

な妻に対して、いつも温かく接してくれたという。

 

当時はまだドッグフードなどが普及していない時代ということもあり、

食事は残飯がメイン。一日のほとんどを庭でつながれていて自由

に動くことも許されない状態だった。夏になると、地面に穴を堀って

そこにうずくまって暑さを凌いでいた姿を思い出すという。

 

今から考えれば、とてもひどい環境でコロに対して申し訳ない気持ち

がすると、妻が当時を振り返っていた。

 

そんなある日、優しいコロの別の一面をみたときがあったという。

妻の父親が知り合いの人に、コロを見せていたときのことである。

その人がコロに近寄っていくと、突然、大きな声で吠えたのだ。

 

その声は地響きかと思えるほど野太い声で、知り合いの人は腰を

抜かしそうになった。妻もコロの吠える声を聞いたのは、その時が

初めてだったので、強烈な記憶として心に残っているという。

 

いつも優しく見守ってくれていたコロが旅立った時は、目の前が

真っ暗になったという。今でもコロのことを話す妻の顔を見てい

ると、妻にとってコロがどれだけ大きな存在だったかということが

よく分かる。コロに対する妻の想いは、何十年も過ぎた今でも全く

変わっていない。

 

 

コロが旅立った翌年、白い雄の秋田犬「シロ」を迎えることになった。

ところがその犬は、噛み癖があり飼い主が飼育を放棄した犬だった。

妻の父親は、たぶん見るに見かねて、その犬を引き取ったのだろう。

秋田犬を飼っていた経験もあり、何とかなると考えたのかもしれない。

 

当時は問題犬に対する対応をアドバイスしてくれる書籍もなく、誰にも

相談できず自分ひとりで、シロと向かい合うことになった。すでに成犬

でしかも噛み癖がある秋田犬と対峙する父親の心境はどんなもので

あったのだろうか。ご存命中に聞いてみたかった。

 

妻の父親は毎日、太いリードを腰に巻いて散歩をし、ものすごい力で

引っ張るシロと格闘していたという。ところが、飼って間もないある日、

散歩中にシロが子どもを咬んでしまった。傷は深く治療もかなり長く

かかった。相手の家族に何度も深々と頭を下げる父親の姿が今でも

鮮明に妻の心に残っている。

 

シロに対しては父親以外は手を触れることが許されず、妻は食事を

与えることさえできなかった。頑丈な檻に一日中閉じ込められている

シロの姿がとても哀れに感じられたという。

 

シロが人を噛むようになったのは、生まれもって備わっていた性格な

のか、それとも前の飼い主の扱いに原因があるのかは分からない。

いずれにせよ、妻は「秋田犬」に対して優しいコロのイメージと、凶暴

なシロのイメージが頭に混在しているという。

 

ネットで秋田犬について調べてみたらこんな記述があった。

TITLE:秋田犬は凶暴なんでしょうか? - Yahoo!知恵袋より一部を抜粋

秋田犬を語るとき、明らかに品種的差異のある日本秋田犬とアメリカン・アキタを混同するのが、

秋田犬をめぐる評価の混乱の原因のひとつです。また、ブリーダーの中でも、ペットとして比較的

温厚な系統を繁殖させる人たちと、特別天然記念物保護の観点から本来の容姿・気性に近い系

統を繁殖させようとしている人たちがいて、いわゆる標準の認識が異なっているため、かなり気性

の幅が個体間で大きいのが現状です。


秋田犬は、よく「忠誠心が強い」と言われますが、犬の場合それは「社交性がない」ということです。

非常に高度な社交性が求められるのに、実際には洋犬の小型犬ほどの社交性もないのが秋田犬

という犬種なのです。


激しい攻撃性、排他性は、躾によって抑制することは出来ますが、持って生まれた気性なので、何

かの拍子に顔を出すことがしばしばあり、そうなった場合、大惨事に直結するのが秋田犬です。仮に

秋田犬のある個体が温厚であるように見えたとしても、それは攻撃性を抑制しているだけのことであ

って、ラプラドールレトリーバーやシベリアンハスキーのように、弱い者、小さな者に対する保護本能

が強いわけではないのです。


秋田犬は多くの都道府県で特定危険犬種に指定されており、実際、人身事故や他犬殺傷事故を起

こしている件数は秋田犬が抜きん出て多いのです

日本犬の特徴として、表情筋がほとんどなく、そのため表情を読めないため、人間の目からすればそ

の行動は常に唐突に見えます。無駄吠えをしないという利点も、要は状態を知るための情報が少ない

ということですから、洋犬であれば「通常→警戒反応→攻撃」へと至るステップが秋田犬では「通常→

攻撃」になってしまうため、事故を防ぐのが困難な犬種です。


 

 
          にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ 

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!



AUTHOR: キャス EMAIL: URL: http://ameblo.jp/achasann/ IP: 182.249.245.40 DATE: 03/12/2014 18:34:36 僕のじいちゃんも秋田犬を2頭飼っていたとよく父親から聞きます。2頭ともよくしつけられていて、一頭は当時の品評会なるもので日本チャンプになって当時の50万円で売ってくれと話があったほどとのことでした。遊びで噛む時も子供の腕は歯の隙間でくわえるようにするとか、言えば靴を持って来てくれたとか。。。 だから僕は秋田はよく噛むといった認識はありません。 でもお話だと威嚇を見せる筋肉がないから威嚇が気付かないとのこと。 深いですねぇ〜。

● COMMENT ●

4ハスさん
やっぱそうなんですね。
洋犬であれば「通常→警戒反応→攻撃」へと至るステップが秋田犬では「通常→攻撃」になってしまうってホントなんですね。
私は秋田犬を飼った経験がないのですが、子どもの頃、最も欲しかった犬種です。といっても、図鑑で見ただけで大きさも性格も知らなかったのですが。
お仕事柄、いろんな犬種にじかに触れてその特徴がわかって良いですね。
先日は松戸に私も行く予定でしたが、急遽、用事ができて参加できませんでした。みんな楽しそうで羨ましかったです。

これ秋田に限った事では有りません
紀州や四国、甲斐の純血系統は皆同じです。
友達の家に昔猪狩り仕様の天然記念物の純血系統の紀州が二匹居ました。
子犬の時は人懐っこい子でしたが猪狩り仕様に成ってからは危険な子に化けました。
強い犬は他の者に対して弱い所を見せないんです。
無表情→攻撃です。
家族も友達の父親の命令しか聞かないんです。
家族には辛うじて散歩、餌やりしか心を開かないんです。
僕の場合洋犬より日本犬の方が怖いんです。
まあ柴犬は別ですが…
でも小さい頃近所に出羽系秋田犬がいてワイヤーで鎖吊して自由に動ける様に飼ってた方が居て
初めは子供心に滅茶苦茶怖かったんです。
でも見た目は怖いけど心が優しい秋田犬だったんです。
良く懐いて遊んでました。
でも癌に掛かり死んでしまった時は悲しく成りました。
自分の大型犬が好きに成った理由がこの秋田犬とコリー犬だったんです。
でも秋田、紀州、四国犬は怖い犬です。

morethanさん
秋田犬にみられる一連の行動は、日本犬に共通する特徴だったのですね。とても興味深いお話でした。
>無表情→攻撃です。
私は日本犬の可愛らしい表情が好きですが、この点だけはちょっと恐い気がします。自分が咬まれるのはしかたがないとして、他人を咬んでしまったら大変ですから。
>見た目は怖いけど心が優しい秋田犬だった
子どもの頃から秋田犬は魅力的な犬種です。私も機会があれば飼ってみたいと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/677-f10004bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

JOYの主張 «  | BLOG TOP |  » ビクター犬の由来に感動

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (163)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (106)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (6)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (58)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア