topimage

2017-06

無断で人が入ってきても咬んじゃダメ!? - 2014.03.05 Wed

JOYがお世話になっている動物病院の院長先生が浮かない顔をしていた。

院長先生は飼い主やペット業者の勝手な都合で面倒を見れなくなった犬を

何頭か保護しているのだが、そのうちの一頭が人を咬んだという。

 

犬は病院の裏手にあるスペースで飼われていた。周り柵はで囲まれており

扉を開けて中に入らない限り人と接触することはない。

 

事故が起きたのは、人が犬のスペースに入り込んでおきたらしい。

犬の近くに転がっていったボールをとり戻そうとして咬まれたという。

 

咬まれたのはボール遊びをしていた子どもではなく、その母親である。

最初は子どもが自分でボールを取りにいったのだが、犬が唸ったので

恐くなって戻ってきたそうだ。立派な判断である。

 

ところがそれをみた母親は、勇気を奮ってボールを奪還すべく犬の元へ

歩み寄ったらしい。その結果、咬まれたそうだ。

 

院長先生は、自分で取りに行かずに病院のスタッフになぜ頼まなかった

か残念がっていた。病院の敷地内に無断で入ったために起きた事故でも

あり、母親の行動にも問題はなかったかと尋ねたところ、逆上して猛抗議

を受けることになったという。

 

母親が負った怪我の治療費は病院側が払うことになった。

地域における動物病院の社会的責任という大局的な判断からであろう。

 

人を咬んだという犬をみると、物悲しい顔をしていた。

 

 

 

いいかいJOY、庭に無断で人が入ってきても、決して咬んではいけないよ。

吠えるだけにしておきなさい。わかったね。

 
          にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ 

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!



AUTHOR: あき EMAIL: URL: IP: 49.98.51.157 DATE: 03/05/2014 15:03:45 はじめまして。 これでは犬がかわいそうすぎます。 ここは日本ですが、 欧米では他人の犬に勝手に寄って行ったり、ましてや許可なく触るなんて、 そんな事したら変な目で見られます。 もちろん万が一そういった状況で咬まれたとしても、自業自得、勝手に手を出すあんたが悪いってなもんです。 敷地に無断で入った際の事故という事ですが、警告を無視した人側に落ち度があるのでは? うちにも大型犬が3頭います。 もっともっと犬を動物としての理解、教育が浸透すればいいのになと思います。 犬は聖犬君子ではありません。 通りすがりのコメント、失礼致しました。

● COMMENT ●

アイリーンママさん
熱いコメントありがとうございます。
ブログを見る限り優しいママさんというイメージしかなかったので、燃え上がる炎をみて少々驚きました。
それにしてもアイリーンママさんのお知り合いの方の体験はひどいものですね。「5万円位、包んで来るもんちゃうん?」っていう言葉は、恐喝に近いと思います。
犬と一緒に暮らすことで数多くの素晴らしい体験ができる一方、こういったトラブルも覚悟しておく必要がありますね。
なるべくそういう事態を招かないように日頃から心がけたいと思います。

あれ〜?
噛むようなワンちゃんには見えなかったですけどね。
よっぽど犬が警戒するほどに怯えながらボールを取りに行ったのでしょう。
犬を飼ってる人の行動には見えませんな^ ^
和犬ってかわいいのですが、扱いが難しそうです。上級者向けですね。
ドーベルマンは初心者向けだとつくずく思いました。
うちのキャスは庭や家に家族との会話等が無しに入ってくるとすごいですよ。ほっとくと噛み殺しそうです。
でもそれが奴の仕事です。

ええーーー!!
もしかしてサクが?!
ってかその親子だって犬飼ってるなら サクの行動がどんな警告かわかるでしょうに~
院長先生 気の毒だわ・・((+_+))
なんでスタッフに一声かけなかったかのか不思議だわ・・・
だって あの柵の向こうはランじゃーないでしょうに・・
 
そういう一連の流れを目撃していたお子さんの今後が心配です

ご無沙汰しています。
暫く更新がなかったのでJOYくんは?と心配しましたが、ご家族皆様がお元気そうで安堵します。
何とも理不尽な一件ですね。
犬にしてみれば正当防衛だし。
民事で争えるような事案ですが、病院側の対応は致し方ないのでしょう。
意外にこんな人が多い事に腹立たしいより…悲しくなります。
アビィさんも感じておられるようですが、子供は母親をどう見ているんだろうと、真っ先に考えました。

立派な不法侵入ですね
侵入した女性が悪いです。
柵が施して有り
明らかに他人の家の敷地で有る事が判ります。
当然敷地内に犬が居る訳です。
しかも威嚇までしてるんです。
犬は番犬としての仕事をしただけです。
逆に此方が訴えても良い位の出来事です。
常識考えて戻ります敷地の所有者に断りも無く侵入する事自体常識的な人がする事では有りません
皮肉ですが子供の方が常識有りますね

お訪ねしても更新されていないので、どうされたのかと心配していましたが、お元気そうでなによりです。
獣医様のお話は、本当にお気の毒です。
ですが、こういった理不尽な事故は多くて、どう愛犬を守っていくか考えさせられます。
うちも世間では危険と言われるシェパードですので、
パピーの時から、特に他人に強い警戒心を持たないようにトレーニングを続けていて、人が大好きですが、それでもやはり犬なので、何があるかわかりません。最大限に気を付けています。
むやみに近づく、触る、声をかける…など
やめてもらいたいものです>_<

抗議される位だから、女性の怪我は大したことなかったんですよね。それだけでも、よかったです。
NZでは、日本人女児がマスチフ4頭に噛まれて重傷とのニュースが入って来ています。それが、どうやら友人宅でのこととか。犬は安楽死になったそうですが、女児の方の怪我もひどくて(顔と腰)、こちらも油断のならない状態だそうです。
咬傷事件のニュースが入る度に、犬と人、双方の心身に残る傷を思うとやりきれません。
散歩中、幼児を連れた親御さんが一番怖いです。お子さんを勝手にどんどん犬に近づけてしまうので。
最近は小学生以上の子どもの方がマナーがよくて、撫でていいですか、とかちゃんと聞いてくれます。

無断で侵入してきた人には噛んでOKです。
その非常識な母親は、警察に突き出しましょう。
噛んじゃいけないなら番犬は存在しません。

キャスさん
私も普段あの犬を見る限り、とてもおとなしいので、人を咬んだなんて信じられませんでした。
和犬は難しいという印象を私ももっています。本当に心を開くのは家族のみでそれ以外の人に対しては基本的に信用していません。
和犬は日本人と同じように感情をあまり表に出さないので、咬まれた母親は犬が本気で怒っていることを気づかなかったのかもしれませんね。

アビィさん
あのワンちゃん、サクという名前だったんですね。ドッグランに行くたびにいつもこちらをみて走っているJOYを羨ましそうにみていました。
>そういう一連の流れを目撃していたお子さんの今後が心配です
鋭いご指摘ですね。私はそこまで考えが及びませんでした。子どもは親の背中を見て育つといいまうすから確かに心配ですね。

付き人さん
アビィさんにしろ付き人さんにしろ、真っ先に子どもへの影響を考えるあたりは素晴らしい洞察力ですね。私はそこまで考えが及びませんでした。
相手の立場に立ってものを考えるという習慣は、子どものうちに学ばなければ身につかないでしょうね。これでは自分の主張ばかりを力で押し通すようになってしまいそうですね。

morethanさん
いつもコメントありがとうございます。
ドッグランも隣接されている比較的大きな動物病院ということもあり、病院の敷地に無断で入ることに抵抗感がなかったのでしょうかね。
鍵がかかっていないから入っても構わないとでも考えたのでしょうか。いずれにせよ私の理解をこえています。
>皮肉ですが子供の方が常識有りますね
同感です。

無断で人が入ってきたら・・・
殴ってはいけないが
蹴ってもいいと思っていました。(嘘)
これからは、菊野と一緒に
吠えるだけにしますね

Ninaさん
>お訪ねしても更新されていないので、どうされたのかと心配していましたが、お元気そうでなによりです。
ご心配頂いて恐縮です。
忙しかったせいもありますが、気持ちがブログから遠ざかっていたこともあり、しばらく放置しておりました。
記録メインの内向きのブログですが、これからもよろしくお願いします。

秋さん
>NZでは、日本人女児がマスチフ4頭に噛まれて重傷とのニュース・・
私もそのニュースを見ましたが、犬はスタッフォードシャー・ブル・テリアと書いてありました。これって通常ピットブルって呼ばれているいぬでしょ?いろんな呼び方があるんですね。
>抗議される位だから、女性の怪我は大したことなかったんですよね
そういうことでしょうね、たぶん。これは秋田犬なのですが、ドーベルマンに比べて優しい顔をしているので、平気で近寄ったのかもしれません。
私は和犬のほうが洋犬よりも感情を読み取ることが難しいというイメージを持っているのですが、そんなことないですか?

ドルさん
ドルさんの家は、空手家のドルパパがいるから泥棒は恐くて入れないでしょう。
>噛んじゃいけないなら番犬は存在しません。
吠えるだけじゃダメかな?

きくのとうちゃんさん
お体回復されたようでなによりです。
>無断で人が入ってきたら・・・
>殴ってはいけないが
>蹴ってもいいと思っていました。(嘘
黒帯の空手家が人を蹴ったらどうなっちゃうんでしょう?月まで飛んで行っちゃうような気がします。

NZの件、犬種の特定がニュース源によて違いますね。闘犬と書いているところもありました。(汗)
私は以前は柴犬でしたので、散歩途中で出会う日本犬(柴が多いですが)の感情の読み取りであまり苦労したことはないんですが。そう言えば、全身の表現をみるかな。
目や耳、尾の微妙な変化だけじゃなく、背中が逆立ってるとか、視線とか体の動きとか。
ところで、こちらでは皆さん「和犬」を使われますが、使い分けの仕方を教えてください。

秋さん
私が勝手に親しいと感じている秋さんに甘えて、失礼な発言をしてしまいました。どうかお許しください。
秋さんは日本テリアという日本が作り出した犬種を守ろうと努力されている人であることを忘れていました。
>ところで、こちらでは皆さん「和犬」を使われますが、使い分けの仕方を教えてください。
私の場合はとくに和犬の定義はありません。しいていえば洋犬という言葉の対して、便宜的に使っているといったところです。
それに対して日本犬という言葉は、明確に定義されています。(改めていうことではないですが)
日本犬保存協会が現在認めている日本犬は、秋田犬・北海道犬・紀州犬・四国犬・甲斐犬・柴犬の6種ですよね。
また、広義の「日本犬」には、外来の犬種を元にしたり交配したりして作られた日本原産の犬種も含まれる。狆、土佐闘犬、日本テリア、日本スピッツの4犬種がこれに当たるとされています。
あえて言えば、広義の意味での日本犬が和犬という解釈になるのではないかと思います。

は?犬種の件でしょうか???
いえいえ、私はむしろWonwonさんが以前、ピットブルなどの犬種について、むやみと危険視する愚を述べられていたのに賛同の立場です。ので、女の子に重傷を負わせた、という点で報道側も犬種について確認せずに様々に報道し、あげくは「闘犬」とまで言ってしまうところが問題だ、と思ってます。

秋さん
何度もコメントして頂いてすみません。
どうやら私の勘違いのようでした。
これからもいろいろ教えてください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/675-5d51ae44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビクター犬の由来に感動 «  | BLOG TOP |  » 父と娘

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (161)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (103)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (5)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (57)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (7)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (1)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア