topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三人の女性 - 2013.12.09 Mon

師走に入り忙しい日々が続いている。頭痛を感じたりするなど体調も

あまり芳しくはない。何より酒量が減っているのが、それをよく物語っ

ている。

 

前回予告した、三人の女性との会話を簡単に記しておきたい。

 

まずはサルーキを連れた女性Aさん。

Aさんが連れていたサルーキは、飼育放棄された保護犬だという。

以前サルーキを飼っていたこともあり、その経験から保護してもら

えないかと頼まれたのがきっかけだそうだ。

 

 

私の知る限りサルーキは、自立心が強く自由を愛する犬であり、必要な運動量も

半端ではない。誰にでも簡単に飼える犬ではない。そんな犬を保護犬として引きと

り、こうしてドッグランで他の犬と仲良く遊べるま育てたAさんの力には敬服する。

ここまでくるには1年以上かかったという。犬の気持ちに向かい合いながら、少し

ずつ少しずつ行動を変えるように仕向けていったという。根気と忍耐力がいることだ。

 

 

Aさんとお話をしている最中、JOYが他の犬の水のみ容器を咥えて走り出した。

JOYが自分と遊んで欲しいときにやるいつもの悪戯である。私がJOYを追いかけ

ようやく容器をとりあげる様を見て、Aさんはこんな指摘をしてくれた。

 

JOYがとる問題行動はたいがい私にその原因がある。水のみ容器を咥えて走りだ

すのは、そのようにして遊ぶことの楽しさを私が教えているからである。同じように、

私の指示に従わずに容器を口から放さないのも、それまでの私の行動に原因がある。

私は自覚していないが、私自身がJOYの問題行動を強化しているというのだ。

 

言われてみれば理屈は良く分かる。怒って容器を取り上げれば、次は絶対に捕まらないぞ

とJOYが考えることはもっともなことである。犬の行動を飼い主が望むように導くためには、

犬が好んでそのように行動するように仕向けなければならない。しかしそれが何より難しい

ことであるのだが・・。普段からのかかわり方も重要になってくるという。

 

思えばこれまで私は、JOY好きな遊びを一緒にを楽しむということをしてこなかった。

遊びといえば、私が好きなボール投げくらいだ。水のみ容器に興味を示す一因は、

そのようなオモチャで遊びたいということでもある。だから積極的にいろいろなオモチャ

を使って普段から遊ぶというのも良いことだと教えてくれた。

 

 

さらに話をしていると、シーザー・ミランの方法は間違っているとAさんは主張する。

彼の方法は犬に対し嫌悪刺激を与えることによって問題行動を是正するというもの

であるがそれには限界があるという。叱らずとも問題行動は是正でき、その方が

はるかに望ましい結果をまねくらしい。私も「陽性強化」だとか「褒めるしつけ」という

言葉は知っているが、なんとなく眉唾なように感じていた。

 

たしかにミランの方法は、誰でも簡単にまねをすることが出来るとは思わない。彼の手

法は、メキシコで子どもの頃から犬と共に生活をすることで得た経験的な知識・技術を

ベースとしている。彼の犬との関係はペットではなく、生きていくためのパートナーであっ

た。学校教育のチャンスに恵まれなかったミランは、その主張を言葉に表すのがあまり

上手ではない。その結果、彼の考えは多くの人に誤解を与えているのではないだろうか。

また、彼が批判される原因の一つには、関係者からのジェラシイ(嫉妬)も少なくないと

思われる。メキシコからの不法移民であったシーザー・ミランは、今では世界的にその名

が知られる存在となり、アメリカンドリームの体現者の一人になっているのだから。

 

Aさんのミランに対する意見はさておき、彼女が実際にサルーキをここまで育て上げた

手法は是非学びたいと思った。

 

《つづく》

 

        にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ 

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!



AUTHOR: キャス EMAIL: URL: http://ameblo.jp/achasann/ IP: 182.249.245.42 DATE: 12/09/2013 21:52:18 なんとも考えさせる内容だと思います。 やっぱりジョイ父ちゃんは勤勉意欲が素晴らしいと思います。 年末で浮かれている僕とは大違いです。。。反省。 この記事へのアトム父ちゃんのコメントをみたいです。

● COMMENT ●

$さん
ドルパパさんは、ドルちゃんを上手くしつけていると思います。呼び戻しができるなんて本当に羨ましく思います。
根気強く毎日練習に励んでいる成果だと思います。私はいろいろ考えることはするんですが、実行する段階になると面倒になってほったらかしにする悪い癖があるようです。
理屈は分かっていても、粘り強くチャレンジするスピリットに欠けているのだと思います。でも今回、三人の女性に出会って、心に期すものがあったので少しは変わっていくことができるかもしれません。

私もコマンドを教える時はトリーツばかり使いましたし、いまでも使います。
それが良いのか悪いのかは、人や犬によると思います。
保護犬。しかもサルーキを保護しようと決めた方は、とても素晴らしいと思いますし、他のワンと仲良く遊べるようにできたことが、わたしはすごいと思いました。
保護犬じゃなく、仔犬から育てている人でも、みんながみんな出来るわけじゃないのに立派です。
わたしは正直保護犬を仲良く出来るように育てあげる自信はありません。
ただ素直に凄いな。どうやったんだろう。と思いました。

4ハスさん
私もトリーツ使うのは反対ではありません。
ただ面倒なのでこれまであまりやりませんでしたが、
これからは犬の気持ちも考えて、積極的に導入しようと
考えています。
私も保護犬については、4ハスさんと同じ気持ちです。
犬のしつけって、テクニックがどうのこうのではなく、
結局は飼い主の気持ちが占める部分がとても大きい
ような気がします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/640-c868bb8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三人の女性 2 «  | BLOG TOP |  » ポティロンでの出会い

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (166)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (108)
犬のご飯 (42)
健康 (71)
知識 (51)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (13)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (15)
犬にまつわること (6)
AYA (132)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (60)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (13)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (32)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (6)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)
雨の日のこと (1)
非常事態 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。