topimage

2017-07

犬が望む生き方とは - 2013.09.09 Mon

そういえばアトムパパさんに、犬の3歳・4歳・5歳は最も充実した時期だと

教えてもらったが、JOYの要求に答えられる生活を提供しているだろうか。

JOYは私たち家族の一員となって3年が過ぎたが、本人がどのように感じ

ているのか聞いてみたいものだ。

 

一般に家庭犬の場合、犬の生活は人間の生活様式に左右される。我が家

では妻も私も仕事をしているため、平日の昼間はJOY一人で過ごしている。

家族が帰宅後は室内飼いなので、人と一緒に戯れていることが多い。朝晩

の散歩はそれぞれ50分程度。休みの時はドッグランなどへ行き、終日一緒

に過ごすようにしている。

 

意識してJOYと過ごす時間を少しでも多くしようと心がけているものの、その

内容については、JOYの興味や関心に沿ったもので、本人が楽しいと感じて

いるかどうかは分からない。ひょっとしたら、人間だけが楽しんでいてJOYは

退屈だと感じているのかもしれない。

 

一方、世の中には、しっかりと自分の仕事を持っている犬たちも存在する。

作業犬と呼ばれる犬たちで、警察犬、牧羊犬、盲導犬などがいる。彼らは、

厳しいトレーニングを経て、立派に人間社会に貢献している犬たちだ。

歴史的に見れば、犬はもともと番犬や猟犬として人間の生活を支えてきた

経緯があるので、ある意味、犬の本来的な姿ということもできよう。

 

仕事を与えられている犬たちは、自分の生活をどのように感じているので

あろうか。そんな思いを抱きながら、盲導犬についてしらべてみた。すると

ネット上では、盲導犬が幸せな人生を送っているかどうかについて、相反

する意見があることが分かった。

 

それまでも盲導犬という生き方が、犬にとって過酷すぎるという意見がある

のは承知していた。盲導犬としての生活は犬にとってストレスが大きくその

ため、盲導犬は早死にする傾向があると聞いたことがあるからだ。ところが

今回調べてみたところ、盲導犬の寿命というサイトを見る限り、正しい情報

ではないということが判明した。

 

盲導犬の生涯は、だいたいこんな歩みだ。

 

盲導犬は、生後45日間まで母犬と一緒に過ごす。その後パピーウォーカーの

もとで家族の一員として育ち、人間に対して信頼感や安心感を深めていく。

1歳になると訓練センターにもどって訓練が始まる。訓練は約1年間だが、最終

的に盲導犬としての適性が認められる犬は、その中の3~4割という。訓練を終

えた盲導犬は、これから一緒に暮らす目の不自由な人「盲導犬使用者」との共同

訓練に入る。そして共同訓練が終了すると、いよいよ盲導犬使用者の自宅にもど

って使用者と盲導犬との生活が始まるのだ。そして盲導犬は、10~12歳になると、

盲導犬としての仕事を引退する。その後は、リタイア犬ボランティアの家庭に迎え

られて家族の一員として余生を送るという。

 

オリバーという名の盲導犬が、10年間の仕事を終えて、パピーウォーカーのもとに

帰るというテレビ番組を見て、私は盲導犬についての見方が変わった。盲導犬とい

う過酷な仕事をこなしていても、犬の本性ともいうべき性質はいささかも変わってい

ないこと、そして何よりも、子犬時代に受けた愛情をいつまでも覚えていることに驚

かされた。

 

 

犬って、本当に素晴らしい生き物だ。

JOY、君のことだよ。

 

 

        にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ 

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!



AUTHOR: ドルパパ EMAIL: indiaarj@ybb.ne.jp URL: IP: 126.69.11.245 DATE: 09/10/2013 01:33:27 JOY君をもっと喜ばせたいと思うとしたら、もう一頭気の合うドベでも迎え多頭飼いしてはいかがでしょうか。ドベの仲間も遊ぶ友達が増えて喜ぶでしょう。

● COMMENT ●

キャスさん
>犬が喜びを感じる時とは、
>飼主が犬と共に過ごす時間を楽しんでいる時。
犬を喜ばせるのではなくて、飼い主が喜びを感じることが大切なのですね。とても良いことを教わりました。自分の人生を充実させることが、犬の人生をより豊かなものにするとは鋭いご指摘です。
犬と暮らすことの意味を改めて考えさせられました。ただ、それとキャバクラ遊びとはどうしても結びつきませんが(笑)。

取り合えず来月20日に山梨に行きましょう!
そしたらJOIも喜びます、詳しくはブログで。
多頭飼いは勢いで、後は野となれ山となれ
まぁ何とかなるもんです!
苦労はしますがその分与えて貰える物も大きいですよ。って言うか家は多頭飼いでは無く「適当飼い」ですけどねっ!

kazuさん
多頭外は勢いだというのも、感覚的には分かります。私自身、後先考えずに飼ってしまおうと思ったことも何度かあります。でも、どんな状況にも対応できる若さとエネルギーがないため、躊躇しているのが現実です。
20日の件については、kazuさんのブログでもご報告したように、あいにく仕事が入っているため参加できません。前回に続いて今回もせっかくお誘いいただいているのに残念です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/590-628faa8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

痒くてたまらないよ~! «  | BLOG TOP |  » 犬派 vs 猫派

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (163)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (106)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (6)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (58)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア