topimage

2017-05

行動制限の影響を考える - 2016.07.19 Tue

本来、自由を束縛されるのは、誰にとっても嫌なものだ。それは人であれ犬であれ、共通していえることだろう。

子どもたちが学校での集団生活を息苦しく感じるのは、いくつもの規則に縛りつけられるからだ。管理社会で生きる大人たちも、ある種の不自由さを感じながら毎日を過ごしている。人はみな社会の中で果たすべき役割を負っており、それぞれの規範に沿って生きているからだ。


IMG_2729.jpg


人に依存して生きている犬たちは、毎日の生活をどのように感じているのだろう。盲導犬や警察犬といった仕事をする犬たちは、その目的を達成するために、厳しい訓練と規律が求められるのは理解できる。しかし家庭犬においては、犬の自由な行動が許される範囲は、飼い主の考え方によって異なる。

川上さとえさんが配信しているメールレターを一年ほど購読しているが、そこでは犬の思いを察して飼い主が行動することの大切さが繰り返し強調されている。その中で犬の行動を過度に制限すると、ストレスレベルが上がり問題行動を誘発するという川上さんの指摘は、とても示唆に富むものだった。


IMG_2732.jpg


そこで、実際にその主張を確かめるため、ある実験をして見ることにした。JOYは普段の生活において、家族と一緒の部屋にいることになっている。家族がリビングにいる時はリビングだけ、夫婦が寝室にいるときは寝室だけ、といったように行動範囲を制限しているのだ。

家具を噛んで破壊するのはご愛嬌としても、誤飲して開腹手術などになったら大変だという思いから、常にJOYの行動を監視していなければ安心できないという発想だ。そのような恐れがないように、部屋をかたずけておけばよいのだが、現実の問題としてなかなか難しい。


DSC06204.jpg


実験とは、台所(ゴミや食べ物を物色すると困るので)、和室の部屋(障子や畳が破壊されるのは困るので)、AYAの部屋(猫がいるから)の3つの場所を除いた全てのスペースを、2時間だけJOYが自由に行き来できるようにして、その行動の変化を観察してみたのである。

JOYは真っ先に猫の餌の置き場所に行き、食べ物が残っていないか確認した。そこは普段、JOYが立ち入ることが禁じられている場所なのだ。その後、JOYは2階のベランダから外を見まわしたり、それぞれの部屋に何か面白いものはないかと探し回っていた。喜んで1階と2階を行き来する様子は、あたかも与えられた自由を謳歌しているようであった。




IMG_2664.jpg


部屋を物色している最中、一度だけ様子が変なのでJOYの様子を見に行くと、スリッパを咥えているところだった。JOYは私の注意を引くため、このような行動をとって私を遊びに誘うのだが、この時の様子はいつもと異なっていた。スリッパを口らか出すようにという私の指示に素直に従ったのだ。その行動はスリッパで遊ぶより、もっと面白いものがあるよと言っているように思えた。

JOYの行動は次第に落ち着いてきた。最後は、私のいる書斎にやってきて、私が作業している真後ろで横になった。それはあたかも好きなことを全てやり終え、満足感に浸っている子どものようであった。この日以降、JOYが行動するスペースを広げた結果、JOYが興奮して激しく動き回ることが少なくなり、おとなしくなったような気がする。


IMG_2509.jpg


家の中でのJOYの行動を、全て自由にさせることは正直難しい面がある。安全を確保しながら、できるだけJOYの思いを叶えてあげたい。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

JOYちゃん、行動範囲が増えてうれしいですねー。
うちはシェルビーの部屋以外はどこでもOKにしています。誤飲されるものは全て取り払い、悪戯されて困るものは置いてない。壊されて泣くような金額のものはうちにはありません・・・ただの貧乏なだけなんですけどね。笑

好きなようにさせて、どれほどの冒険をするのかはそれぞれのイヌによりますよね。JOYちゃんは一定の自由を手に入れ、それで満足できたのでしょう。
よかったねー!!!!!

Re: 鍵コメM様

たいへん読み応えのある温かいメッセージ、ありがたく読ませてもらいました。
鍵コメさんの犬に対する並々ならぬ思いが、言葉の一つ一つから感じられます。

初めて犬を飼ったのですが、犬に対する見方がこんな風に変わって行くことに
自分でも驚いています。

ブログを6年もやっていると、こんな素敵な出会いもあるのだと感激しました。
いつかどこかでお会いできたらいいですね。

JOY、AYA、そして私に対する温かいお気持ちに感謝しています

Re: ぷにゅママンさん

アメリカの住宅と違って、日本の住宅はとにかく狭い
ですよね。

アメリカの人口は日本の約2.47倍ですが、国土面積は
日本の約24.8倍もあります。

日米の住宅事情を考えると、アメリカで飼われている
犬の方が日本よりもずっと幸せだと思います。

その狭い日本の家にいながら、自由に全ての部屋に行
けないJOYは可哀想な気がします。

いろんな面でJOYには不自由な思いをさせているので、
遊ぶ時間を増やしストレスがかからないようにしてい
きたいと思っています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/1255-57371ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

JOYより質素な私の食事 «  | BLOG TOP |  » 管理と自由のバランス

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (161)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (103)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (5)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (56)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (9)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (3)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (7)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (1)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア