topimage

2017-07

犬には良質な肉を与えたい - 2015.08.10 Mon

JOYの食事として今月購入した肉の費用は、約1万5千円だ。その内訳は以下の通りである。少しでも経費を節約するため、毎月まとめてネットで注文している。1)~4)がゲンミート、5)はブッチャーから購入している。

1)鶏ムネ脂無カット(6Kg)4,440円             
2)鶏レバー心臓付(4Kg) 2,200円
3)鶏砂肝(4Kg)3,456円
4)鶏手羽元(6kg)3,888円
5)鶏頭(10kg)3,570円
  合計(30kg) 15,334 円

先日のブログ「生食バーフ(BARF)について 」で書いたように、JOYの食事は、7割程度を骨付き生肉として、そこに細かく刻んだ生野菜や果物、穀物、サプリメントなどを加えたものを与えている。肉以外は、冷蔵庫にあるものの中から適当に選んでJOYに与えている。特にJOY用として購入している訳ではない。

納豆は毎日人も犬も食べるし、バナナはAYAとJOYの大好物だ。JOYにヨーグルトを与えているが、いつの間にかわれわれもヨーグルトを食べる習慣ができた。JOYに与える野菜を考えるようになって、AYAは苦手だった野菜を積極的に食べるようになった。JOYのおかげで、われわれの食生活にも良い影響が出ているのは嬉しいことだ。


CIMG1040.jpg


普段は最も安価な鶏肉を与えているため、その費用は最低限に抑えられている。馬肉を選んだ場合、その費用は2万3千円に跳ね上がり、鶏肉に比べて8千円ほど高くなる。

1)馬肉8mmスライス冷凍バラ凍結 (8kg) 7840円
2)馬レバー入り馬肉パランコミンチ(4kg) 5920円
3)馬肉フォア スライス(5Kg)5400円
4)馬(生)もつ(1.5kg)2400円
5)馬肺(フワ)ブツ切りカット(1.5kg)1755円
  合計(30kg) 23,315円  


さらにちょっと贅沢をして、鹿肉にするとどうなるだろう。ネットショップのEGサイクルで、最適な栄養バランスになるようにと、「鹿一頭パック」が売られている。これは、肉200g×7袋/アバラ300g×1袋/背骨300g×2袋/内臓ミックス200g×2袋/グリーン・トライプ100g×1袋/骨ごとそぼろ200g×1袋という内容で合計3kgが10,800円で売られている。これを一ヶ月分(30kg)購入すると、10万円を超えてしまうので、さすがに毎日食べさせることはできない。鹿肉は、ハレの日のご馳走といったところだ。


鹿肉の食事


私が購入しているゲンミートは、普通の問屋さんで犬専用のお肉屋さんではない。したがって、そこで売られている肉は、人間用の肉である。鶏肉は、国産のつくば鶏で、われわれ人間が普段スーパーで購入している鶏肉より品質は高い。生食バーフ(BARF)を実践している者にとって、鶏肉は価格の面でとてもありがたい存在だ。


主治医の獣医さんも薦めるオリジンを食べさせた場合の食費はどうだろうか。ホームページを見ると「オリジンは生物学的に適正なフードとして、最高級ランクの肉80%、フルーツと野菜20%、穀類0%という原材料比率で動物本来の食事を再現しています」とある。良質な肉をと野菜を中心としている点では、私が実践している食事の内容と変わらない。


オリジン


ネットで検索したところオリジンアダルト(13kg)が20500円で売られていた。説明によると体重36kgのJOYが一日に食べる量が400g程度とあるので、ひと月で試算すると約12kgとなる。JOYにオリジンを与えた場合の食費を試算すると、毎月2万円程度ということになる。

オリジンを与えると、鶏肉の場合の1万5千円より5千円ほど高くなることが分かる。考えてみれば、これは当然のことだ。タンパク源として良質な肉を食材の中心とするのであれば、いくら大量に仕入れるとはいえ費用は決して安くはないだろう。オリジンはカナダで作られているので、輸送費用もばかにならない。さらに宣伝費などを含め考えるとかなりのコストがかかるはずだ。

そのように考えると、オリジンの価格は決して高くないという気がする。オリジンはプレミアムフードなどと呼ばれ、高価なドッグフードというイメージがあるが、本当に良質の肉を使ってドッグフードを作るのであれば、これくらいの価格になって当然だと思う。むしろそれより安く売っているドッグフードは、タンパク源としていったい何を使っているのか気になるところだ。

ロイヤルカナン マキシ

私が以前与えていたドッグフードのロイヤルカナンの場合を見てみよう。やや長くなるが、このフードの原材料として標示されている全文を記しておく。

家禽ミート、米、動物性脂肪、小麦、とうもろこし粉、小麦粉、植物性分離タンパク、加水分解動物性タンパク、コーングルテン、とうもろこし、植物性繊維、ビートパルプ、魚油、酵母、大豆油、オオバコ種皮・種子、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、緑茶・ブドウ抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類 ( L-チロシン、タウリン、L-カルニチン )、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類 ( K、Ca、Cl、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se )、ビタミン類 ( A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B1、B2、ビオチン、B12 )、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

家禽ミートというのは鶏、七面鳥のことを指すらしいが、これらの肉が全体でどの程度の割合になるのるかという記述はない。しかも、鶏や七面鳥のどの部位の肉が使われているかについても明記されていない。この点に関して、ロイヤルカナンのホームページではこのように言っている。

ロイヤルカナン製品の大きな特徴の1つは、特定の種類の肉や魚を使うことを重視しない点にあります。それは、最終的には、犬や猫が必要とする栄養をすべて満たすことができるかどうかがポイントだからです。犬や猫の健康にとって、それが鶏肉なのか、マグロなのか、またはカツオなのかということは、人間が思うほど重要ではないのです。

なるほど、そういうことなのかと納得した。私としては、愛犬に与える食材が何かを知りたかったのだが、ロイヤルカナンは栄養のバランスがとれていれば、どの食材を使うかは問わないというスタンスであることがよく分かった。フードの原材料を見ても、その大半は何か全く理解できない。ドッグフードの原材料は、素人には理解できないブラックボックスといえよう。

とはいえロイヤルカナンは、使用している酸化防止剤(BHA)についてもきちんと説明しており、基本的にはとても良心的な対応をしている。巷で人気のあるドッグフードである理由もうなずける。ちなみにJOYにロイヤルカナンを与えた場合の食費は、一月で約8千円になる。


DSC06684.jpg


これまでの食材を使った場合、JOYの食費として1か月どのくらいかかるかまとめてみよう。値段の高い順に並べるとこうなる。

1)鹿肉中心の食事 10万円
2)馬肉中心の食事 2万3千円
3)オリジン      2万円
4)鶏肉中心の食事 1万5千円
5)ロイヤルカナン  8千円

こうやってみると、タンパク源を良質な肉から取る場合、それなりのコストがかかるということが分かる。安いフードというのは、質の悪い肉を利用するか、肉以外のたんぱく質を利用しているか、たんぱく質の代わりに炭水化物を与えているかのどれかだろう。スーパーに行けば新鮮な肉が豊富にあるのに、なぜそれを犬に与えないのか私は不思議でならない。ドッグフードは総合栄養食だから安全だというのは架空の話である。消費者はそれを検証する術をもなないのだから。

犬の健康を真剣に考えるなら、飼い主が直接食材を選んで与えるのが、最も合理的で賢明な方法である。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

● COMMENT ●

一口に自然食といっても、何の肉を使うかで費用が大きく変わるのですね。
wonwonさんの記事でまたひとつ賢くなりました。

食事を肉中心に変えると、犬の身体もキュッと引き締まりつつ筋肉が付く気がします。
反対に低品質のフードだとボテボテになる気が…

JOY君やモモの様な短毛種は体つきが分かりやすいので、良いものを食べさせた分だけ見た目の成果も変わると思います。

もちろん、見た目の為ではなく健康の為の食事ではありますが、見た目だってかっこいい方が嬉しいです(^^)

話はそれますが、芸能人の杉○彩さんのワンちゃんが、スペアリブを白ワインで焼いた物(?)を食べているのを見たとき愕然としました。
私より良いもの食べてる~(>_<)






Re: モモ姉さん

世界には8億人近い人が飢餓で苦しんでいるにもかかわらず、
毎月肉を30㎏も犬に与えている自分の姿を、冷やかな目で見
ているもう一人の自分がいます。

> 芸能人の杉○彩さんのワンちゃんが、スペアリブを白ワイン
>で焼いた物(?)を食べているのを見たとき愕然としました。

私も最初は手作り食なんて、犬に必要ないと思っていました。
栄養面においてフードより合理的だと判断して始めたのですが、
実際に作るようになると、作ること自体に喜びを感じる自分を
発見して驚いています。

白ワインはもったいなくて犬には与えませんけど(笑)

>私より良いもの食べてる~(>_<)
確かに私よりJOYは肉の摂取量はずっと多いですね。

wonwonさんこんにちは//

食について本当に熱心に勉強されてますよね(>_<)
頭が下がります!

てつも肉中心のご飯にしたいらてママ。
旦那は毎日同じのはかわいそうとは言うものの
ドッグフードを変えたり缶詰を変えたりするくらい・・
質がどうのとかじゃなく味の変化のためみたいです。
野菜等はあるものを混ぜてます。

らてママが頑張って鶏頭を調理しようかと
最近考えてます←
せめて毎日じゃなくて半分でも!!

てつが来た当初は
「てつの世話は一切しない。全部あなたがしてね。」
と言っていたらてママ・・。

今思えば 何も手を出さなかった三カ月
生後4カ月でうちにきたので
可愛かったはずであろうその三カ月
何もせずにいた自分に腹が立ちます。
てっちゃん・・ごめんね。


いつも脱線して自分の話ばかりになってしまい
すみません(>_<)

Re: らてママさん

犬のごはんって、何も特別なものを作るとか
ドッグフードじゃなきゃダメだということで
はないと思うんですよ。

だって人間だってそんなに栄養云々考えてない
でしょ。外食やレトルトやお酒だって体にいい
わけないのに気にしないじゃないですか。

飼い主さんの家庭の事情に合わせて無理のない
範囲で食事を与えるのがベストだと思います。

完全な手作りにこだわっている訳ではないです。
家にある食材だけでなくフードもうまく利用して
栄養のバランスを保てばいいでしょう。

犬の食事に関する最低限の知識さえあれば、後は
一緒に食事を楽しむ姿勢があればよいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://joylin.blog.fc2.com/tb.php/1008-1e7a5bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AYAの休日 «  | BLOG TOP |  » 最近、はまっているもの

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (163)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (106)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (6)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (59)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア