topimage

2016-11

「そらのしっぽ☆お散歩会」に参加して - 2016.11.29 Tue

11月26日、バイマンさんが主催する「そらのしっぽ☆お散歩会」に参加した。参加したのはこれが二回目だ。(1回目の参加の時の様子)私の場合、JOYの行動でとくに困っているわけではないが、バイマンさんから犬の行動について学ぶことができるのが魅力で参加している。それに、いろいろな犬種の犬たちと触れ合いながら、犬の話をするのは実に楽しいものだ。


DSC09870 (1)


JOYは初めのうちは、たくさんの犬と出会ってかなりテンションが高かった。事前に散歩する時間がとれなかったこともあり、ぐいぐい私を引きづるような恰好で歩いていった。他の犬たちと交流しながら散歩ができるように3mリードを使用していたこともある。リードを短かいものに替え、チョークチェーンを使えば行動を制御することは簡単にできるが、それでは楽しい散歩とはいえないであろう。


DSC09872 (1)


散歩会のメンバーの中でJOYが注目したのは、やはりジャックラッセルテリアであった。JOYはパピーのころからジャックと遊ぶ機会が多い。近所にいるジャックは小型犬と遊ぶより、大型犬と遊ぶ方が好きだと言っていた。とはいっても、すべてのジャックが大型犬と友好的わけではない。犬の相性もあるが、飼い主の思いによっても変わってくる。


DSC09874 (1)


この日集まったのは、JOYを含めて6頭であった。下の写真を使って、左から順番に名前、犬種、性別、年齢を紹介しておく。

1)Holly Jae ミックス ♀1歳
2)クーパー ジャックラッセルテリア ♂5歳
3)ブリッツ ピットブル ♂5ヶ月
4)なつめ チョコラブ ♀3歳
5)Uzz ブルマスティフ ♀4歳


DSC09877 (1)


JOYがジャックに注目したように、私はブルマスティフに惹かれるものを感じた。実は私、ブルマスティフという犬種をそれまで知らなかった。恥ずかしながら、最初に「ブルマスティフ」と聞いて、青い色のマスティフなのかと思った。もちろん「ブル」は「ブルー」ではなく「ブルドック」のことだ。マスティフらしさが6割、ブルドッグらしさが4割混ざった外観が、ブルマスティフの理想とされていると後で知った。


DSC09878 (1)


飼い主さんによるとUzzは、ブルマスティフの中では小柄だという。私は愛くるしいUzzの表情を見て、思わず抱きしめたくなる衝動にかられた。しかし、人によってはこの顔をみて、怖がる人がいるという。飼い主によると、以前マンションにいたころ、見た目が怖いといって苦情が出たと聞いて驚いた。ドッグランによっては、入場を断られるということもあるという。


DSC09880 (1)


バイマンさんからは、「JOYについては誰よりも詳しい専門家になれ」というアドバイスをいただいた。JOYをしっかり観察することで、その性格や行動傾向について正しく把握すると同時に、ドーベルマンという犬種特性についても、しっかり理解しておくことが大切である。そのためには、ドーベルマンを作る元になった犬種の特徴についても知っておく必要があると教えていただいた。


DSC09922.jpg


私がバイマンさんの主催する散歩会に参加して感じるのは、自由な雰囲気の中で、楽しく時間を過ごすことができるように配慮されていることだ。犬の行動で悩んでいる飼い主たちは、ともすると暗くなりがちだが、バイマンさんはそんな飼い主の気持ちに寄り添っている。飼い主が落ち込んでいては、犬は浮かばれないというわけだ。


DSC09928 (1)


バイマンさんの指示により、参加している犬のリードワークを体験することができた。飼い主以外がリードを持つと、初めのうちは嫌がるそぶりを見せるが、ときにはご機嫌を取りながら、ときにはちょっと強引に誘導することで、なんとか犬と一緒に歩くことができた。甘えん坊のJOYは、いつまでも私の姿を追って動かないので、私の方からJOYの視界から立ち去ることにした。


DSC09930 (1)


小型犬のリードを持つと、普段私が強引にJOYをコントロールしているのかが分かる。細かく指示を出すというのではなく、力任せにリードを引いていることが実感できるのだ。JOYと同じ感覚でリードワークを行うと、小さい体が左右に激しく振られてしまうことがあった。クーパー、乱暴なリードワークをしてごめんね。


DSC09945 (1)


ブリッツを見て、シーザー・ミランの愛犬ダディを真っ先に連想した。まだ5ヶ月の男の仔。将来が楽しみだ。リードを持たせてもらったが、この時期は散歩よりも、寝転んで一緒に戯れていたらどんなに楽しいかと思った。私の知る限りピットブルを飼っている人はみな、真剣に犬と向き合っている人ばかりだ。苦労も多いであろうが、充実したドッグライフを楽しめる犬種だと私は思っている。


DSC09951 (1)


Holly Jaeの飼い主さんとお会したときは、なんだか無性に嬉しかった。ともに貴重な経験をした仲間という意識が自分にはある。突然、ラファエルとの思い出がよみがえってきた。水飲み場でゆっくりと飼い主さんから水を飲む姿、並んで歩きながらJOYとガウガウした姿・・。ひょっとして、この散歩会に再び参加したのは、ラファエルと会いたいと無意識に思っていたからなのかもしれない。


DSC09965 (1)


今回の散歩会では、終了後、芝生に座って一緒にケバブを食べた。私が食べているケバブを一心に見つめるJOY。心優しいバイマンさんは、もちろん犬のためのおやつもしっかりと用意されていた。こんな細かい心遣いも、この散歩会の特徴をよく表している。


DSC09975 (1)


私が食べかけのケバブは、写真では見た目はあまりよくないが、実際はソースの味がとってもマッチして、とても美味しかった。


DSC09973.jpg


バイマンさん、参加者の皆様、楽しい散歩会ありがとうございました。


【このスライドショーは、バイマンさんが制作したものです】


  
犬ブログ広場へ

初雪の翌朝 - 2016.11.25 Fri

昨日、初雪が降ったため、今朝は氷点下となった。


DSC09794 (1)


JOYにジャケットを着せて散歩に出た。


DSC09801 (1)


風がないせいか、思ったほど寒くはなかった。


DSC09812 (1)


ようやく赤く色づき始めた紅葉。


DSC09806 (1)


よく見ると、まだ黄色や緑色の葉もある。


DSC09814 (1)


明日は、散歩会。


DSC09854 (1)


晴れるといいな。



犬ブログ広場へ

ダイコンの丸かじり - 2016.11.23 Wed

JOYが台所にあったダイコンを見つけて食べ始めた。

毎日の食事では、ダイコンをフードプロセッサーで細かく刻んで、生肉と一緒に与えている。


DSC09772.jpg


でもまさか、ダイコンを丸かじりにして食べるとは思わなかった。

始めは葉の部分を食べていたが、そのうち白い部分をかじり始めた。


DSC09774.jpg


呆気に取られてみていたが、面白いので動画に収めることにした。




リンゴの丸かじりなら分かるが、ダイコンの丸かじりは、ちょっと真似できないな。


DSC09777.jpg


それにしても、いつまでも美味しそうに食べ続けているのは、ちょっとビックリした。


DSC09784.jpg


では、豪快に大根を丸かじりしている動画の続きをどうぞ。




ご馳走様でした。



犬ブログ広場へ

4年ぶりの再会 - 2016.11.20 Sun

日曜日の夕方。

紅葉に色づき始めた公園を散歩をしていると・・


IMG_4462.jpg


2頭のウイペットを連れたご夫婦に

「JOY君ですか?」と声をかけられた。


IMG_4457.jpg


以前、ポティロンでよくご一緒した、らきつばさんだった。

4年ぶりにお会いするご主人はスマートになられていて、最初は気づかなかった。


IMG_4454.jpg


JOYは1歳から2歳にかけて、ラッキー&つばめさんに、よく遊んでもらった。

私自身もらきつばさんに、犬のことをいろいろ教えてもらったのを思い出す。


IMG_4471.jpg


当時、ポティロンで遊んでもらった一コマがこれだ。

ポティロンオフ会で一緒させていただいたのを懐かしく思い出す。




IMG_4483.jpg


久しぶりにお会いできて、本当に楽しかった。

土日なく仕事で追われていた疲れが、これで一気に吹き飛んでいった。


IMG_4492.jpg


あれから4年の歳月が流れているが、犬同士は覚えているのだろうか。

また、昔のように楽しく追いかけっこをするのだろうか。


IMG_4505.jpg


話に夢中で写真を撮るのをすっかり忘れていた。

次はツインギーのドッグランでお会いしましょう。



  犬ブログ広場へ

何の臭い? - 2016.11.18 Fri

「パパ、ちょっと臭いよ」とAYAに言われた。

最近寒くなり、JOYを湯たんぽ代わりに抱きしめて寝ているせいか、私の体に犬の香りが染みついてしまったようだ。


IMG_4233.jpg


JOYは掛け布団を開けるように私を促し、布団の中に入ってくる。JOYは私の足元で丸くなって寝るのが好きなのだが、私が強引にJOYを隣に引き寄せて寝ている。

妻のシングルのベッドでな寝られないので、私の方に来るという事情もある。私のセミダブルのベッドは、かろうじてJOYと私が一緒に寝るだけのスペースがあるのだ。


IMG_4229.jpg


職場ではまだ臭いと言われたことがない。ひょっとして私に遠慮して言わないのかな。考えてもしかたないので、気にしないことにしておこう。

そういえば、AYAも中学生の頃、「臭い」と言われたことがあるといっていた。そのときは、仲の良い友だちから「犬を飼っているから臭いがするの当たり前でしょ」といって助けてもらったそうだ。


IMG_4226.jpg


「それ、JOYじゃなくて、加齢臭なんじゃないの?」

AYAの言葉が胸に刺さった。



犬ブログ広場へ

トランプより上手の人たち - 2016.11.17 Thu

アメリカでは、それまで反トランプだった人たちが、次々と「受け入れる」発言をしているという。

歌手のマイリー・サイラスは、トランプ大統領を認めるとし、その代わりあらゆる人々に敬意をもって接するよう求めた。カナダへの移住をほのめかしていた俳優のブライアン・クランストンも、「次期大統領が傷ついた我々の国をひとつにまとめてくれることを願う。心から彼の成功を願っている」と語ったという。

そんな“転向組”の中で、最も象徴的な存在がロバート・デ・ニーロだろう。選挙中にトランプ氏を「バカ、豚、クソ、ペテン師」とまくしたて、「殴ってやりたい」とまで言って攻撃していた彼が、投票結果を受けて次のようなコメントを発表したのだ。「大統領という地位には敬意を払わなきゃいけない」「彼がこれから何をして、実際に個々の課題をどのように処理していくのかを、われわれは注視していかなければならない」
(AFP BB NEWS 11月11日配信)


DSC09718.jpg


ロバート・デ・ニーロは、私の好きな俳優だった。
スクリーンの中でのカッコよさと、実際の姿は別物だと思い知った。


 犬ブログ広場へ

牛久沼の河童に会いに行く - 2016.11.16 Wed

茨城県の牛久市にある牛久沼には、
河童が棲むと聞いて訪ねてみた。


DSC09658.jpg


「牛久沼」という名前の由来として、こんな話がある。

その昔、新田氏の菩提寺・金竜寺というところの修行僧が、
食っちゃ寝の自堕落な生活を繰り返しているうちに、
牛になってしまい、沼に棲んでいた河童に引きずり込まれ、
「牛喰い沼」→「牛久沼」になったという。


DSC09659.jpg


河童を不思議そうに見つめるJOY。
正面から見るとこんな感じ。


DSC09663.jpg


後ろから見ると、こんな感じだ。
河童の背中は、亀のように甲羅になっている。


DSC09670.jpg


手の指は3本。


DSC09668.jpg


足の指も3本。


DSC09669_201611161536398e9.jpg


顔をよく見ると、どこか物悲しそうな感じがする。


DSC09667.jpg


「河童松」という話を聞くと、それも頷ける。

その昔、牛久が水戸街道の宿場町として栄えていた当時のお話です。
牛久沼には昔から河童が住んでいました。
河童は畑を荒らしたり、魚採りの網を破ったり、
あるいは水遊びする子供たちの足をひっぱり、時にはおぼれて死んだ者もいたという。
そこで村人達は河童の退治方法を相談しました。



DSC09676.jpg


その結果、村で一番強く、また泳も達者な彦衛門に河童退治を命じました。
彦衛門は来る日も来る日も沼を泳ぎまわりました。
そして数日後、河童を見つけた彦衛門は大変な格闘の末、
ついに河童を陸に引き上げることが出来ました。
そして河童は沼辺の大きな松の木にさらしものにされました。



DSC09688.jpg


日ごと元気を失った河童は村人に泣きながら
「もう悪いことはしません、これからはお百姓さんの役にたつ
河童になりますから許してください」とお詫びをしました。
村人たちはあまりにも哀れに思い、河童を沼へもどしてやりました。



DSC09691.jpg


その後、畑は荒されることも無くなり、そればかりか、
沼の周りの浮田では葦が刈られ草が積み重ねてあったそうです。
村人達は河童が約束を守ってくれたと喜び、お礼として、
かぴたり餅をつき、小さくまるめて沼へそそぐ川へ投げ込みました。
そして、それは毎年旧暦十二月一日に、水の安全を祈る行事として、
長く長く続けられました。



DSC09704.jpg


しかしこの行事は、太平洋戦争に敗れた戦後の食料統制下では廃止され、
以後二度と復活することはありませんでした。
(出典:http://日本都市伝説.com/?p=75)


DSC09706.jpg


牛久沼に住む河童の伝説に思いをはせるJOY。


DSC09717.jpg


今でも牛久沼には河童は住んでいるのだろうか。



犬ブログ広場へ

毎朝の儀式 - 2016.11.15 Tue

毎朝、散歩から帰ってくると玄関でJOYの体をタオルで拭く。始めの頃は面倒に感じていたのだが、今は、JOYの体を拭くことが楽しく感じられるから不思議なものだ。


DSC08782.jpg


今の時期は、お湯で濡らしたタオルを絞って使うので、温かくて気持ちよさそうだ。顔を丁寧に拭いた後、首から背中、そして、腹からお尻までを拭いていく。耳の中もタオルを人差し指に巻いて拭く。最後は足の裏を拭いておしまいだ。


DSC08778.jpg


歯石、目ヤニ、耳垢、肌の状態、しこり、怪我、肉球の状態、といった点を同時にチェックしている。6年間、毎日同じことをやっているとJOYの方も慣れてきて、今はおとなしく待つようになった。足を拭くときなどは、順番に自分で足をあげて拭きやすくしてくれる。


DSC09134.jpg


毎朝繰り返される儀式は、JOYと私のコミュニケーションであり、二人の信頼感を高めることにつながっていると感じている。



  犬ブログ広場へ

嫌われた理由 - 2016.11.14 Mon

女性初の大統領という夢は、かなうことはなかった。テレビ討論会では圧勝し、NYタイムズやCNNなど主要メディアに支持されながら、「メキシコ人は強姦魔」と言い放つ人物に負けてしまった。

ヒラリーの敗北は、日本だけでなく当のアメリカでさえも、驚きと戸惑いの声があがっている。しかし、これは公平な選挙の結果であり、アメリカ国民の民意そのものなのだ。


DSC09132.jpg


池上彰によると、中央政府に対して不信感をもつアメリカ人が多く、既存のベテラン政治家を忌避する傾向があるという。国務長官として長くワシントンの政治にかかわってきたことが、ヒラリーが嫌われる理由の一つだと指摘している。

また、ヒラリーに対して支持目当てに政策を簡単に変えてしまう節操のなさを感じている国民が多いという。アメリカ人に「ヒラリーと聞いて思い浮かべる言葉はなんですか?」と質問したところ、最も多かった回答が「ライヤー(嘘つき)」であった。


DSC09042.jpg


さらにヒラリーは、お金にまつわる話でも国民の醜聞を集めていたという。彼女はウォールストリートの富豪たちと親しく、3回の講演料で7400万円といった形で、多額の政治献金を受け取っていた事実が指摘されている。

今年7月には「クリントン・キャッシュ」という映画が上映されたが、そこではクリントン夫婦を『大金持ち』させた手法が描かれているという。クリントン一家の慈善団体「クリントン財団」をつうじて外国企業から多額の寄付を得て、それを私的に流用しているのではないかという疑惑がある。


DSC09090.jpg


最後までもめた「メール問題」についても、日本人にはあまりピンとこないが、国家機密をロシアや中国に流出させた深刻な問題だという認識がある。

今回の大統領選挙は、大統領に相応しい人を選ぶというより、大統領に相応しくない人を排除するものだったのではないか。マイナスが大きいのはどちらか、どっちがより嫌いか、そんな心理が作用した結果だったような気がする。



犬ブログ広場へ

木枯らし - 2016.11.11 Fri

北風が吹く。


IMG_4348.jpg


風に踊る耳。


IMG_4347.jpg


澄んだ空気。


IMG_4349.jpg


遠くを見る目。


IMG_4346.jpg


夕日に輝く体。


IMG_4338.jpg


二人の影。


IMG_4385.jpg


あれから一年が過ぎた。


犬ブログ広場へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (160)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (103)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (5)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (56)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (9)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (3)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (7)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (1)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア