topimage

2015-02

コーギー&ボーダーと遊ぶ - 2015.02.24 Tue

JOYを久々に思いっきり走らせようと、妻と一緒にドッグランへ行ってみた。
妻は外反母趾のリハビリに励む毎日だが、ようやく歩く足取りが少しづつ
軽やかになってきた。

平日ということもあり、初めは誰もいなかったが、しばらくするとコーギーと
ボーダーがやってきた。次の動画では、2頭が近づいてきたのを察知して
気にしているJOYの姿が現れている。





コーギーもボーダーも気が強く、活発な犬種なので大型犬とも仲良く遊ぶ
ことができるとあって、JOYは大喜びだ。





ボーダーはアトム君、コーギーはコウ君という名前の男の子だ。飼い主さん
によると、コウ君は実家で飼っている犬ということで、普段は一緒に生活して
いるわけではないそうだが、とても上手に遊んでいた。そこにJOYが加わると、
こんな展開になった。





JOYはコーギーのコウ君と遊ぶのが好きなようだ。JOYがしつこくちょっかい
を出しても平気な顔で遊んでいる。コウ君がアトム君と遊んでいるときは、
コウ君がアトム君を追いかける展開が多いのとはまるで逆のパターンだ。


DSC00948.jpg


JOYがしつこくコウ君を追い回すので、この後しばらくリードをつけて引き離
した。すると遊びたくてうずうずしているJOYを気にかけて、何度もJOYの元
にアトム君がやってきた。


DSC00938.jpg


アトム君をみていると、執拗に食い下がるコウ君を上手にあしらうなど、とても
賢い行動が目についた。車で帰ったときは、ランの中で車を追いかけて走って
きてくれた。

また会ったら、遊んでね。


DSC00970.jpg


ATOM~ボーダーコリーとの生活~に行くとアトム君に会えるよ。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

奇跡の犬マクナイト - 2015.02.22 Sun

ドーベルマンのマクナイトは、かつて警備犬を目指して訓練を受けていたが、
審査にパスできず、民間人の飼い主のもとで新たな生活を始める。ところが、
その飼い主の会社が倒産し、マクナイトはモウテルに置き去りにされる。

ドーベルマンは見栄えが良いという理由で、モウテルの看板犬として飼われる
ことになるが、食事は残飯を与えられ、散歩はなく一日中鎖でつながれた状態
で放置されていた。

元警視庁公安部特別装備部隊隊員で、犬の訓練にあたっていた奥野が、初め
て目にしたマクナイトは、痩せこけ毛並みもボロボロの哀れな姿だった。体を調
べてみると、あちこちに傷があり、人による虐待が疑われた。

奥野はマクナイトをモウテルの飼い主から譲り受け、自分で育てることを決意す
る。しかし、人間に対して頑なに心を閉ざしているマクナイトの信頼を得ることは
容易なことではなかった。

奥野はまず、泥と自分の糞で汚れたマクナイトの全身を洗うことから始めたが、
当然のごとくマクナイトは暴れ出し、奥野は手を咬まれてしまう。散歩に連れだ
そうとしても、全くいうことを聞かない。

奥野は獣医に人との信頼を失ったマクナイトにどう接していけばよいのか尋ね
ると「そばにいてやることです」と一言。「それだけですか」と重ねて尋ねると、こ
んな答えが返ってきた。

「それしかありません。こまめに世話をし、そばにいてやる。話しかける。毎日必
ず、彼のそばにいてやる時間を作ることです。そのうち、あなたのいる風景が、
マクナイト君には当たり前の日常なのだと思うようになります。」


実はこれ、沢木冬吾著『約束の森』(角川文庫)の一場面です。これから奥野が
マクナイトからどのようにして信頼を獲得していくのか気になりませんか?


奇跡のドベ


「マクナイトが警備犬になれなかったのはなぜか?」「マクナイトの体にできていた
無数の傷跡はどうしてできたのか?」といった謎が次々解き明かされていきます。
そして最後に、ドーベルマンのマクナイトは『奇跡の犬』であることが分かります。


DSC00668.jpg


JOYも一つだけマクナイトと共通する特徴があります。
それはマクナイトが警備犬として不適当と判断された適性です。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

朝日新聞 - 2015.02.19 Thu

AYAの中学校では、都内の企業を訪問する授業がある。
訪問先の企業は、NHK、丸紅、警視庁、東京ドームなど、極めて多彩だ。
AYAが行ったのは築地にある朝日新聞本社だった。




(ウィキペディアの写真を転載)


見学に行く前にAYAから、質問する時間があるけど何を聞いたらよいかと言う
ので、「慰安婦の報道」と答えた。どうして事実と異なることを、しかも、国益を
損なうようなことを世界に発信し続けたのか、ぜひ聞いて欲しいと言った。


すると「そんなこと聞けるわけないでしょ」とAYAに一蹴された。純真な中学生の
質問にどんな風に答えてくれるか私は興味があったが、すでに大人の良識をわ
きまえているAYAは、そんなことは質問できないといわんばかりであった。



DSC00577.jpg



AYAに朝日新聞社を訪ねた感想を聞くと、こんな答えが返ってきた。
朝日新聞の人はみな輝いていた。どの人も自分の仕事に誇りをもっているように
感じられた。ジャーナリストに必要な資質は、①好奇心、②粘り強さ、③伝える力
という三点だという話を聞いた。


AYAの話を聞く分には、朝日新聞の未来も捨てたものではないのかもしれない。
朝日新聞は失われた信頼を、自らの努力で取り戻してほしい。



DSC00567.jpg


今日も君の話題でなくてごめんね、JOY。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

池袋でミドリムシを食す - 2015.02.17 Tue

池袋でたまたま入った『麺屋 六感堂』というラーメン屋さん。
店内がお洒落な感じでカウンターもどこかカフェのような雰囲気。





看板メニューのミドリムシが入った緑色の麺が特徴の
『塩グリーン麺ゆずみつば』を注文。


DSC00775.jpg


具は、ホワイトチャーシュー1枚、メンマ、ゆず、みつば、玉ねぎ、ねぎ。
チャーシューは、厚く柔らかくジューシーで、とても美味しかった。

スープは、魚介ベースの塩味。魚介の苦味のないあっさりな中にゆず、
みつばの綺麗なスッキリした香りがする深みのある風味だった。

ラーメンのスープを全部飲むことなどめったにないが、味がすっきりして
いて喉越しが良好なので完食。すると「感謝」の文字が。


DSC00779.jpg


ミドリムシというと語感が悪いとのことで「ユーグラナ」という言葉に改め
たと聞いて、ちょっと可笑しかった。私が食べた塩ラーメンの中では確実
に5本の指に入る美味しさだ。平日の昼食時にもかかわらず、なぜか客
はほとんどいなかった。池袋東口から少し距離が離れているからか。


食べ歩きのブログではないので、最後に主人公JOYにも登場してもらおう。


DSC00739.jpg


ちなみに私、狸腹を凹ませるため、ラーメンは週一回までと決めています(涙)。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

おかえりなさい、藤平さん! - 2015.02.15 Sun

昨年のクリスマスから椎間板ヘルニアで入院していたドッグアド
バイザーの藤平さんが職場に復帰したと聞き喜んで駆けつけた。

個人レッスンが終わるのを待ち、しばらくお話をさせてもらった。
元気そうな表情とは裏腹に、病状はかなり深刻なものだった。

現時点では手術することはできず、医者からは今の仕事は腰によく
ないと言われ、一時は真剣に引退を考えたそうだ。

一月になっても左足は麻痺して動けず、毎日、激しい痛みと闘って
いたそうだが、何より辛かったのは犬と離れていることだったという。

ひと月以上も犬と交わらない生活は、藤平さんにとって考えられない
ことなのであろう。退院して家に戻った藤平さんを見て、うちと同じ名前
であるオーストラリアン・シェパードのJOYは狂喜乱舞したらしい。

その光景が目に浮かぶ。医者からはまだ入院治療を継続するように
言われたそうだが、現場に早く復帰したい一心で退院したという。





藤平さんの復帰を首を長くして待っているモモ姉さんも、私が来る前に
やはりここに来ていた。手ぶらで来た私と違って、お見舞いの品を持参
する心配りが素晴らしい。

現在は月に一度の割合で注射をして痛みを緩和しているが、将来は手
術を避けられないという。今は、ただ犬の訓練に関わる喜びをかみしめ
ているとしみじみ語っていた。


DSC00714.jpg


この日は私の母も一緒に来て、楽しそうに仔犬を眺めていた。
うちのJOYは久しぶりで藤平さんに頭を撫でてもらって嬉しそうだった。


DSC00695.jpg


藤平さん、あまり無理をなさらず、末永く現場にいてくださいね。
これは私だけでなく、お世話になっている多くの人の願いです。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

富士山 - 2015.02.14 Sat

土曜日の午後。いつもの河川敷。
風が強いせいか人も犬もまばらだ。


DSC00616.jpg


おかげでJOYは、思いっきり走り回ることができる。


DSC00636.jpg


澄んだ空気。
夕日が眩しい。


DSC00673.jpg


ふと見ると富士山が、くっきり浮かび上がっていた。


DSC00684.jpg


富士山は日本人の心。
気持ちが不思議と落ち着く。


DSC00676.jpg


富士山。
JOYの心にはどのように映っているのだどうか。







にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります



犬の気持ちみな同じ - 2015.02.13 Fri

ときどき街で盲導犬の姿を見ることがある。

盲人の指示に従って、忠実に仕事に励んでいる様子は、
家庭犬とはまるで別の生き物のようにさえ感じられる。

いくら厳しい訓練を積んだからといって、自分の気持ちを抑えて
飼い主ために行動することができるようになるのだろうか。

疲れて寝ているとき以外、5分としてじっとしていられないJOYと
比べると盲導犬の行動は奇跡としか思えない。

この動画を見るまで、盲導犬は特殊な犬だと思っていた。





盲導犬といえども、本当は人間と一緒に思い切り遊んだり、走り回りたい
気持ちは変わらない。そういう犬らしい気持ちを心の奥底にしまいながら
飼い主のため頑張っている盲導犬に心から拍手を送りたい。


DSC00183.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります

今日はロングコースだ! - 2015.02.12 Thu

朝の散歩は忙しい。
トイレだけで終わってしまうこともある。

本来は朝早く起きれば済むことであり、私の怠慢以外の何物でもない。
そんなわけでロングコースの散歩は、私にとって免罪符の意味がある。


DSC00396.jpg


JOYは散歩の時間が短いと、フラストレーションがたまるせいか、家を
出ると全力で走り出す。家を出たときの態度で、散歩に臨むJOYの気
もちがよく分かる。


DSC00399.jpg


このコースの特徴は、人気のない田んぼ道はノーリードで走らせること
ができることだ。次の動画では、リードを外した瞬間に喜んでいるJOYの
姿がよく出ている。最後は、私が人の姿を発見したので、リードを装着し
ている場面で終わっている。





普段、自転車引きで散歩させているせいか、JOYは走ることが大好きだ。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

クリックしてもらえると励みになります



日々の営み - 2015.02.11 Wed

夕方の散歩。

いつもと変わらない日々の営み。
犬にとっては、それが大切なこと。





運動、食事、睡眠、そして家族。
犬にとって必要なのはそれだけ。


DSC00532.jpg


犬の生き方は、きわめてシンプルだ。
犬は人と違って、人生に多くを求めない。


DSC00533.jpg


人が犬を飼うのは、犬のそんな生き方に
心のどこかで共感しているからだと思う。





散歩の途中で出会った犬たち。


DSC00536.jpg


このワンちゃんは、15歳のラブラドール。
目が見えないそうだが、普通に行動していた。


DSC00537.jpg


飼い主さんに「日常生活で不便はないのですか」と尋ねると、
「寝てる時間が多いからあまり困らないみたい」と笑顔で応え
ていた。


DSC00540.jpg


耳もだいぶ遠くなっているというが、散歩で出会う犬たちと
ごく自然に挨拶を交わしていた。臭覚で周りの状況を判断
しているのであろう。





犬は人よりも豊かな人生を歩んでいるのかもしれない。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村


休みの日は、晴れてほしい! - 2015.02.08 Sun

今日は朝の散歩から帰ってくると、雨が降り始め一向に止む気配がない。
天気予報では「曇り時々雨」とあるのに、いったいどういうことなの?
JOYはうらめしそうに、窓から外を見つめていた。






ようやく雨が上がって外に出た。
既にこんな時刻になっていた。


DSC00320.jpg


日が伸びたので、この時刻でもまだ明るいのが救いだ。
ただ寒いので、JOYにはダウンジャケットを着せた。


DSC00364.jpg


他の飼い主さんも、晴れるのを待っていたのだろう。
歩きだすと次々と、ワンちゃんが出てきた。


DSC00335.jpg


純白のスピッツ君、朝の散歩でもお会いしましたね。


DSC00339.jpg


上のワンちゃんの飼い主さんは、やんちゃなJOYをいつも
優しく見守ってくれるとても温かい人だ。


DSC00358.jpg


遊びたがっている二人。


DSC00371.jpg


ノーリードのワンちゃんにもしばしば会うが、JOYをみると飼い主
さんは慌ててリードをつけている。JOYは吠えられてもあまり気に
していないようだ。





動画に出ててくるワンちゃんは、散歩仲間で飼い主さんとも気心
がしれているので安心して見ていられる。黒いワンちゃんは甲斐
犬と柴犬のミックスだそうだ。


DSC00346.jpg


休日が晴れることは、犬を飼っている人の共通の願いだ。
神様、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (161)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (103)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (5)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (57)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (7)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (1)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア