topimage

2014-11

リードが切れて突進・・・ - 2014.11.30 Sun

豊洲のららぽーとにあるドッグランに行った。
小型犬エリアは混雑していたが、全犬種エリアにはブルドッグ1頭だけ。

ブルちゃんはまだ子ども。関西弁を話す飼い主さんはとっても穏やかな方。
ブルドッグは興味のある犬種ということもあり、私は興味津々。

仲良く遊んでほしいという私の期待もむなしく、挨拶の途中からJOYの態度
があやしくなってきた。JOYは自分の臭いを執拗に嗅がれるのが苦手で、
イライラしてきたのが分かったので一旦、リードでつないで引き離した。

ところがその後、JOYと遊びたいと思ったブルちゃんが、こっちに向かって駆け
寄ってきた。それをみてJOYはブルちゃんに突進していく構えをみせる。こりゃ
まずいと、リードを強く引いた瞬間、革のリードがプチッと切れ、私は地面に倒
れこんだ。


革リード


JOYがブルちゃんに馬乗りになってガウガウを始めたが、すぐに引き離したので
怪我はなかった。飼い主さんにお詫びを言うと、笑顔で大丈夫ですよと対応して
くれたのがありがたかった。

最近、JOYがガウガウを始めるきっかけを、ある程度つかむことができるようにな
ったので、以前に比べて事前に回避することができるようになったと思う。ただ、
今回のようにリードが切れるというのは予想もできない事態だった。

このリードは、お世話になった警察犬訓練士の国本さんに紹介して購入したもの
である。高級なものではないが、品質については決して悪いものではないはずだ。


IMG_3565.jpg


このリードが切れたのは、数日間、雨の中で使っていたことが原因かもしれない。
革は雨にぬれると強度が落ちるからである。雨の日は革製のリードは使用を避け
るべきだろう。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります

赤と黒 - 2014.11.28 Fri

赤と黒。もみじとドーベルマン。
スタンダールの小説ではない。



これは、いつもの散歩道で撮った写真。

IMG_4027.jpg

IMG_3993.jpg

IMG_3992.jpg

IMG_3987.jpg




これは、車で30分ほど行った公園で撮った写真。

IMG_4061.jpg

IMG_4071.jpg

IMG_4086.jpg

IMG_4079.jpg

IMG_4109.jpg

IMG_4155.jpg



ドーベルマンともみじはよく似合う。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります


純血種の遺伝病について - 2014.11.25 Tue

私が純血種の遺伝的問題を初めて知ったのは、BBC 制作「犬たちの悲鳴~ブ
リーディングが引き起こす遺伝病~(原題:Pedigree Dogs Exposed)」というドキ
ュメンタリー番組だ。

日本ではこれを2009年にNHKが放送しているが、私はYouTubeにアップされた
動画でこの番組をみて、その内容をブログで書いた記憶がある。残念ながら著
作権の問題から現在は、この動画を見ることはできなくなっている。

先日dog actuallyをみたら、「知っておこう!犬の遺伝、遺伝性疾患について」と
いうタイトルでこの問題がとりあげられていた。

純血種に遺伝病が多いのは、遺伝的な多様性が低いことに原因があるという。
そもそも犬は、人間に家畜化された時点(約15,000年前)で遺伝的な多様性が
失われている。狼の中から人に懐きやすく、従順な性質を持つものだけが選別
されたと考えられるからだ。

その後、15,000年前から150年ほど前の間は、狩りや牧畜など人の目的に応じた
形態や性質の改良がなされたが、長い時間をかけて行われてきたので遺伝的な
多様性が大きく失われるようなことはなかった。

ところが150年前、イギリスのケネルクラブにより純血種のスタンダード(犬種標準)
が確立されると、犬種として望ましいとされる外貌(形質)を固定していくために、血
縁犬同士の交配(インブリード)が行われることになった。その結果、遺伝子が均一
化され、劣性遺伝性疾患といった健康問題を引き起こすことになった。これは、スタ
ンダードに近づけるブリーディングが、遺伝的多様性をさらに狭めてしまったために
生じた当然の結果といえよう。

「犬たちの悲鳴~ブリーディングが引き起こす遺伝病~」でも取り上げられていたが
犬の健康を守るためにはスタンダードの一部を見直す必要がある犬種がいることは
事実である。ダルメシアンはくっきりした黒の斑点模様を作る過程で、高尿酸血症が
出やすい体質となってしまった。また、ブルドックはマズルを低くするように改良した
ため、呼吸器に障害をもつようになってしまった。

スタンダードに近づけるために、犬の健康が蝕まれるような事態は避けるべきだと
思う。しかし、だからといって純血種の存在すべてを否定する意見には距離をおき
たい。ブリーディングによって、犬の持つ素晴らしさが引き出され、それが多くの人
に支持され愛されているのも事実である。私もドーベルマンという犬種と出会えて、
このうえなく幸せだ。


IMG_3552.jpg


dog actuallyでは「知っておこう!犬の遺伝、遺伝性疾患について」には続編もある
ようなので、それが掲載を楽しみにしている。






にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります


犬友達と飲む - 2014.11.23 Sun

ドーベルマンつながりの人と酒を飲んだ。
飲んだお店もドーベルマンつながりのお店だ。

とっても楽しいお酒で、つい飲み過ぎてしまった。

帰りの電車では眠ってしまい、乗り過ごしてずっと
先の駅で目を覚ました。


IMG_3623.jpg


ともあれ・・・
誘ってくれた犬友達に感謝してます。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります


二者面談 - 2014.11.18 Tue

AYAの担任の先生との二者面談があった。
希望する高校に合格するために、中学二年生の現時点で
何をすべきか、心構えや具体的な勉強方法を伺った。

希望する高校へ合格できるかどうかは、県が実施する学力
診断テストの結果によって判断するという。AYAが希望する
高校に合格するために必要な五教科の合計点を聞いたが、
今の時点ではそれに達していないことが分かった。

今まではどちらかというと、のんびりと中学校生活をおくって
きたが、これからは集中して学習に取り組まなければならな
い。AYAにその話をしたところ、「絶対、目標の点数をとる!」
と元気な声が返ってきた。

AYAは自分がその気になれば、頑張り続けることができるが、
それまでに時間がかかる傾向がある。受験まであと1年あると
いうことで、のんびり構えていると痛い目にあうだろう。

親が心配してもはじまらないことだ。AYAの気持ち次第である。
バックアップできる体制は作っておくが、ここはひとつAYAの力
を信じてじっくり見守っていこうと思う。



IMG_3557.jpg



しびれをきらして口出しすることもあるかもしれないが、できるだけ
AYAの主体性を尊重していきたい。



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります


ある日曜の午後 - 2014.11.17 Mon

日曜日。AYAは午前に英語の個人レッスンを受け、午後からは自主学習というのが
日課になっている。最近は、夕方ごろ、JOYと一緒に河川敷へ行くことが多い。



IMG_3662.jpg



何気ないようにみえるこの時間は、親子のコミュニケーションをとる絶好の機会にも
なっている。AYAはいまのところ、私に学校の様子や友達のことを話してくれる。私は
まだそれほど煙たがられているわけではないようだ。



IMG_3655.jpg



AYAはときどき反発もするが、根はとても素直で優しい性格だと思う。私がふざけてモ
ラルに反するような言葉を口にすると、すぐにそれを咎める言葉が返ってくる。この年代
の子どもがもつ純粋な気持ちが眩しい。



IMG_3665.jpg



AYAに寄り添いながら、その成長を見守ることは、私自身にとって大きな喜びである。
気づけばAYAは既に中学生というのが実感だ。これから高校、大学と進んでいくのも
あっという間であろう。



IMG_3692.jpg



AYAと一緒に暮らすことができる日々はそれほど長くはない。AYAにとってこれからは
社会的に自立するための時間といえる。今は私の頃よりずっと厳しい社会状況にあり、
なすべきことは山ほどある。



IMG_3685.jpg



親として手助けできることは限られている。というより、余計な口出しはむしろ迷惑かも
しれない。これからは、本人の主体性を尊重することを心がけた方がよいだろう。



IMG_3708.jpg



とはいうものの、なんだかんだと口を出して、AYAから嫌がられるんだろうなぁ。



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります


おかえりなさい - 2014.11.16 Sun

外反母趾の手術で入院していた妻が、十日ぶりに家に戻ってきた。
JOYと一緒に病院まで迎えに行ったとき、「JOYは私のこと覚えてい
るかしら」と妻がつぶやいた。

「忘れるはずないじゃない」と返事をしたが、JOYをみると、杖を突き
ながらぎこちなく歩く妻を見て、怪訝そうな顔をしていた。JOYは妻の
体に異変がおきたことを察知しているのだろう。

妻を自宅に残し私は仕事に出たが、学校から帰って妻と再会したAYA
は感激のあまり涙を流したという。AYAにとってこの十日間は、母親の
存在を実感する良い機会だったようだ。

帰ってきた妻をみて、顔の表情が子どものようになっていることに驚い
た。病院で隔離された生活を送っていたためだろう。逆に言えば、それ
だけ普段の生活において、仕事や家事にストレスを感じているというこ
とになる。

妻が普通に歩けるようになるまで3か月ほどかかるので、それまでは
AYAと私は引き続き家事の分担をしなければならない。AYAも私もこ
の十日間で妻のありがたみを実感したので、以前のような非協力的
な態度をとることはないだろう。

いつまでも、子どものような笑顔を浮かべる妻でいてほしい。


花



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります




大型犬を飼う環境について - 2014.11.08 Sat

人から地方都市に住む魅力は何かと問われれば、私は大型犬を飼うことに適している
と答えるだろう。何も犬が走り回れるほど広い庭がある必要はない。狭い日本でそれを
望むのは無理がある。

これまで私は、JOYが思いっきり走れる広い庭をもつ家を、一度も見たことがない。要は、
犬と一緒に安全かつ楽しく散歩できる環境が整っているかどうかが重要なのだ。庭がない
マンションであっても問題はない。







私が住む街は、田舎でいろんな面で不便ではあるが、自転車引きで犬を散歩させるには、
とてもよいところだ。おかげでJOYは走るのが大好きなドーベルマンになった。毎日、十分
な運動ができるため、ストレスをためることもなく、とても穏やかな性格として育ったと思う。



IMG_3266.jpg
IMG_3267.jpg
IMG_3268.jpg
IMG_3269.jpg
IMG_3270.jpg



シーザー・ミランが言っているように、犬にとって最も大切なのは『運動』であり、その次が
『規律』、そして最後が『愛情』である。



CIMG2379.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります



似た者同士 - 2014.11.05 Wed

妻が一週間ほど不在とあって、AYAと私の悪戦苦闘の日々が続いている。
事前に二人で、洗濯と猫の世話をAYAがして、食事と犬の世話を私がする
と決めていたが、家事はそれ以外にも山のようにあるということを、二人とも
知らなかった。



IMG_3361.jpg



昨日の朝のことだ。
私  :今日は空き缶の回収日だから、悪いけど空き缶を持ってごみの収集所
    まで運んでくれる?
AYA:忙しいから無理。
私  :パパは朝食の準備とJOYの散歩で時間がないから頼んでいるんだけど。
AYA:もう制服着てるし、手が汚れるから嫌だ。
私  :ふざけたこと言ってないで、持っていきなさい!.



IMG_3322.jpg



これ以外にも、お互い必要なものがどこにあるか分からなくて困るなど、いか
に二人とも妻に頼っていたのかを実感した。二人とも家のことを分かってなく、
家事をほとんどしていないという点で似た者同士だ。



IMG_3294.jpg



AYAが玄関で靴下をはいているのを見て、理由を聞いたところ、「自分の部屋
で履いて歩いてくると、JOYの毛で真っ黒くなるから」という返事。唖然とした。
「掃除機をかければいいじゃない」と私が言うと、「じゃあ、パパがやってよ」と
これまたふざけた言葉が返ってきた。



IMG_3231.jpg



夕方、近所に住んでいる妻の友達が、ほうれん草の胡麻和え、ポテトサラダ、それ
にリンゴを持ってきてくれた。たぶん妻に自分の留守中を頼むと言われたに違いな
い。リンゴはすぐに食べられるように、少しだけ皮のついた状態で切り分けられてい
た。リンゴはAYAの好物。喜んで食べてピアノのレッスンに出かけて行った。



IMG_3373.jpg



どうやら妻は自分の留守中の様子が手に取るように分かるようだ。AYAが珍しく雨戸
のシャッターを閉めているので褒めてやると、「パパはいつも閉め忘れるから、AYAが
やりなさいとママから言われた」と聞いて驚いた。



IMG_3300.jpg



私の作る食事はいつもおかずが一品だけだが、昨日は妻の友達のお惣菜もあり
豪華な夕食となった。この日は、マーボー豆腐を作ったが、私の好みで豆板醤を
たくさん入れたのでAYAにはちょっと辛すぎたかも。



IMG_3395.jpg



いつも飲む安物のワインではなく、贈り物のワインを開けたのでお酒もすすみ、
1本を一人で飲んでしまった。



AYAの食事



なんだかんだで、似た者同士の父と娘は、たびたび衝突を繰り返していたが、
これもお互いにとって良い経験だと思っている。



AYAとJOY



妻が帰るまであと二日だ。


にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります


近場で紅葉を楽しむ - 2014.11.02 Sun

わざわざ行楽地に行かなくても、ちょっとした紅葉なら近場で楽しめる。







市街地を走る道路の街路樹だって、こんなに綺麗に色づいている。



IMG_3014.jpg



AYAはもみじが好きだ。自分の住む街に、もみじが少ないとこぼしていた。



IMG_3032.jpg



赤、黄、緑のバランスが絶妙だ。



IMG_3024.jpg



よく行く公園は黄色一色に染まっていた。



IMG_3038.jpg



JOYの目に紅葉はどのように映っているのであろうか。



IMG_3089.jpg



黄色といえば、私のブログを何度か訪問してくれた人のことを思い出す。
その方の「きいろいことはいいことだ」というブログは、衝撃的な内容だ。



IMG_3093.jpg



今日のベストショットはこれ。



IMG_3056.jpg



秋を感じているのか、JOYの表情がどことなく物悲しい。



にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
クリックしてもらえると励みになります



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (161)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (103)
犬のご飯 (42)
健康 (65)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (12)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (14)
犬にまつわること (5)
AYA (129)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (57)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (12)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (28)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (7)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (1)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア