topimage

2013-02

おばあちゃんの声楽発表会 - 2013.02.28 Thu

AYAは、大好きなおばあちゃんの歌を聴きにいきました。

これは橘田恵美子先生の門下生による声楽発表会です。

 

 

毎年行われるこの発表会をAYAはいつも楽しみにしています。私はというと・・・ですが。

歌った曲目は、ライトンの「暗路」とフォスターの「夢路」です。

 

 

AYAはこの発表会のための練習にも協力していました。

ピアノの伴奏をAYAがしておばあちゃんが歌っている姿は、それはそれは素敵でした。

 

 

AYAとおばあちゃんは音楽によって強く結びついています。

あいにく私もMAMAもクラッシックにはあまり理解がないため、音楽に関しては

二人の間に入ることができません。

 

 

80歳になるおばあちゃんと12歳のAYAは、年齢を超えて深く通じ合えるものがあるようです。

二人はとても良い関係だと思います。まるで姉妹の様でもあります。

 

 

AYAはこれからも大好きなおばあちゃんを見習って、音楽の素晴らしさを追求していくことでしょう。

AYAの成長にとっておばあちゃんは欠かせない存在です。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!

小学校最後の授業参観 - 2013.02.22 Fri

本日2月22日、AYAの小学校最後の授業参観があった。

 

午前中には、親子混合のドッチボール大会があった。AYAと一緒にドッチボールを

楽しんだ。私は小学生が投げるにすぐにボールに当たってしまい不甲斐ない結果で

あったが、AYAはボールを器用によけて最後まで頑張っていた。親子で一緒に汗を

流して競技に参加するのはとても爽快だ。

 

午後は、授業参観。といっても普通の授業ではなく、とても粋な趣向が凝らされていた。

この授業では、前もって親が子どもに宛てて書いた手紙を子どもたちが読んで、その感

想を発表するというものだ。小学校を卒業するに当たって、AYAに何かを伝えたいと

思っていたので、とても良い企画であると思った。

 

私がAYAに宛てた手紙を、記録のためにここに残しておく。

 

AYA様

 小学校生活も残りわずかですね。小さな体に不似合いなほど大きなランドセルを背負って登校していく一年生の頃の姿を懐かしく思い出します。今では、そのランドセルもずいぶん小さく見えるようになりました。

小学校では、良い先生に恵まれ素敵な仲間と出会い、充実した学校生活を送ることができたことを、親としてとても嬉しく思っています。私が小学生の頃と違うのは、あなたがいつも楽しそうに勉強していることです。本来、学ぶことは楽しいことだということを、あなたを見ていて強く感じました。新しい知識を得る喜びこそ、まさに学習の原動力だと実感しました。

学校行事にも、あなたは積極的に参加していましたね。毎年、運動会のシーズンになると、風呂場で「赤、赤、赤、ゴー、ゴー、ゴー」と大きな声で歌っているのを聞いて、ほのぼのとした気持ちになったものです。6年生の運動会では、放送係として競技の模様を生き生きと実況している様子は、今でも私の脳裏に残っています。自分が情熱を傾ける対象をもつということは、実はとても大切なことなのです。

また、あなたはたくさんの友だちに恵まれましたね。友だちとの交流を通じて、相手を思いやる心をもつことの大切さを学んだと思います。友だちとの付き合いで最も重要なのは、自分の意見をはっきりと言える関係を保つことです。個人と個人の真剣なぶつかり合いこそが、本当の友情を育むことを覚えておいてください。

これから中学・高校と進学すると、学習そのものよりもテストの結果に関心が集中するようになります。自分が希望する高校や大学へ進学するには、テストで高い点数を取らなければならないと考えるからです。成績や偏差値ばかりを気にすると、競争意識が強くなり人よりも高い点数をとることが目的になってしまいます。

勉強する本来の目的は、人間としての品位を高めることです。いくら知識や技術を習得しても、それが人間性を向上することにつながらなければ何の意味もありません。これは学校以外で学んでいるピアノのレッスンにしても同様です。ピアノを学ぶ目的は、自ら演奏する技術を身につけることで、音楽の本質を理解し感性を豊かにすることにあります。

小学校で体験した勉強する楽しさや友だちと交わることの喜びを、いつまでも忘れないでください。これからしばらくは、「受験」という名の選抜競争が始まります。教育が職業選択の一つの手段である現状を考えると、これもある面では仕方のないことかもしれません。しかし、そのプレッシャーに押しつぶされることなく、今の清く純真な心を持ち続けてください。

あなたは私の誇りです。

                                                                    PAPA 

 

 

AYAは最後の言葉を読んだ時、涙が出そうになったと言っていた。実はこの言葉、遠い昔

私自身が聞いた最も心に残っている言葉である。

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


立派な飼い主への道のり - 2013.02.21 Thu

ジョイフルホンダで犬のしつけについての無料相談を実施していたので尋ねてみた。

今に始まったことではないが、JOYは私のコマンドに従わないことがある。ドッグラン

にいるときなど他の犬と遊びことに夢中になって私の言葉に反応しない。また最近は、

大きな犬に対して敵意をむき出しにすることがあり困っている。

 

 

それぞれ別な日であるが、二人の訓練士の方とお会いした。普段の様子を伝えたり、

JOYと私のやりとりを実際に見てもらいながら、アドバイスしていただいた。

 

お二人から指摘してもらった点をまとめておきたい。

1)叱るタイミングが遅い。その上、叱る時間が長すぎる。

2)褒めることが少ない。良い行いに対してもっと褒めること。

3)問題行動が起きる前兆を捉え、行動を起こす前にダメだと伝えよ。

4)もっと犬の興味を喚起しろ。犬からの関心をもたれるような飼い主になれ。

5)リーダーとして相応しい毅然とした態度を心がけること。

 

 

叱り方と褒め方はしつけの基本であるが、まだまだ上手くできないことを謙虚に受け止めたい。

問題行動を予測することについては、ある程度分かってきたので、これからも注意していきたい。

毅然とした態度の重要性は、シーザー・ミランも常に強調していることだ。頭で理解しているが、

実行するのは難しい。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


一千万円の音色 - 2013.02.20 Wed

AYAは3歳になる前からピアノを習っているので、まだ小学生とはいえピアノのキャリアは

10年を超えている。最近は、そこそこの曲を弾きこなすようになってきた。ところが家にある

ピアノは電子ピアノなので、本人には物足りなく感じているようだ。

 

そんな折、ピアノの先生からピアノの展示販売をしているので見学してみてはと声をかけて

いただいた。AYAはYAMAHAのピアノ教室に通っているので、販売部の要請があったの

であろう。一緒に出かけてみることにした。

 

普段は国際会議場として使われている広い一室の中には、30台以上のピアノが並んでいた。

見に来ているのは、ほとんど音楽教室に通っている生徒のようだ。

 

一人ひとりの見学者にYAMAHAの営業マンがついて、ピアノの特徴を説明をしてくれた。

アップライトでは、最も安価なもので60万円くらいからあった。ただし、製造が日本でなく

マレーシア(だったと思う)であるので、あまりお勧めしないと言われた。ピアノは精密機械

なので日本で作られた物の方が音が良いということであろうか。

 

 

日本製で安心して勧められるのは80万円以上からということだった。値段は幅広く

アップライトとはいえ200万円以上のものまである。

 

 

 

一方、グランドピアノであるが、安いものでは100万円ちょっとからラインアップ

されていた。さすがにグランドピアノとなると価格の上限は際限がなく、展示され

ていたものでは1000万円を超えるものもあった。

 

広い会場にたくさんあるピアノをみて、AYAは大喜び。片っ端から、大好きな曲を

手当たり次第に引き始めた。横で聞いていると、明らかにピアノによって音色が

違っている。さすがに最も安い価格帯のピアノの音は、素人の私でさえ音質が

あまり良くなかった。

 

かれこれ一時間近くAYAはいろんなピアノを弾いていたが、最後に会場のひな壇

に展示されている1000万円のピアノを弾いてみた。AYAに感想を聞くと、「タッチが

まるで違っている。本当に素晴らしいピアノだよ。」と興奮ぎみに話してくれた。

 

私は楽器の良さを実感できるAYAの感性に驚かされた。やはりAYAにとっては新しい

ピアノが必要なのだと思う。

 

会場を後にする際、「今、契約していただいたら1割お引きします」と営業トークを受けたが

「もう少し考させてください」と言って帰路に着いた。一割値引きされても、さすがに1000万円

のピアノは買えないなぁ。AYAには悪いけど。

 

もうしばらく我慢してねAYA。どうしても良いピアノで練習したかったら、おばあちゃんの家

に連れて行ってあげるから。おばあちゃんの家にあるグランドピアノならいいでしょ。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


自転車引きの功罪 - 2013.02.17 Sun

JOYの散歩のためにママチャリを買って1年ちょっとになるが、先日後輪がパンクしていた。

すぐに修理に出さず、しばらくは歩いて散歩することにした。

 

 

一緒に歩いてみて感じたのは、自転車引よりJOYとのコミュニケーションが深くなるという点だ。

自転車に比べて四分の一の距離しか進めないが、密度の濃い時間を過ごせるのが歩きの良さ

であることを実感した。

 

自転車引きの最大のメリットは運動量を確保できることにある。道のりの大半は速足であるが、

ジョギングの様に長時間一定の速さで走ることで体力の向上につながると思っている。

 

ただその反面、ただ走っているだけという単調な時間になりがちであり、散歩に対する興味が

薄れてしまって、JOYが退屈しているようにみえることもある。

 

 

私自身、散歩の目的は運動だという意識が強く、コミュニケーションを通じてお互いの気持ちを

確かめたり、ゲームや躾など通じてJOYの興味を喚起するとことに、なかなか考えが及ばない。

 

自転車に乗ってJOYと黙々と走るだけの散歩では、ちょっともったいないと反省した次第である。

パンクを修理してくれた自転車屋さんがタイヤを見て驚いていた。まだ1年しかたっていないのに、

タイヤがボロボロになっており穴が開いていたのだ。

「こんなに走りこんでいるママチャリみたことない」という自転車屋さんの言葉は、JOYの運動量を

なんとか確保しようと頑張ってきた私への褒め言葉に聞こえた。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


試行錯誤の手作り食 - 2013.02.15 Fri

昨年末からドッグフード主体の食事から手作り食に移行したが、未だに試行錯誤を続けている。

犬を通じて知り合った人と手作り食について話をすると、ほとんどの人が全て手作りにすること

については否定的な意見だ。ドッグフードは栄養的にバランスがとれており、手作り食でそれを

行うのは難しいというのがその理由だ。

 

 

たしかにその考えも一理ある。30年前の犬の平均寿命は4~5年であったそうだ。今は、10年を

大幅に超えている。寿命が延びた背景には、ドッグフードの果たした役割は大きいと思う。しかし、

だからと言ってドッグフードは万能だという意見に私は同意しない。

 

 

犬を自分の子どもと同じように扱うのなら、私は成分の分からないものは決して与えない。どんなに高価な

ドッグフードであっても完全に信用することはない。これは、娘のAYAの教育についても全て学校に任せず

親として積極的に関与するという私の信条とも通じるものがある。

 

 

いくつかの本や信頼できる人からのアドバイスを参考にしながら手作り食をすすめているとはいえ、正直、

不安な面もある。ドッグフードから手作り食に変えてから、JOYの体重が36kgから32kgと減ったことについて

どのように解釈したらよいのか迷っている。手作り食に変えると体重が減るというのは聞いていたが、JOYの

様子を見るとあばら骨は浮き出ているし、背骨もはっきり見えるので、これはやせすぎではなかという思いが

している。

 

 

そこで太らせるために、最近はドッグフードやご飯を混ぜて与えているが、今のところ体重に大きな変化は

見られない。私自身としては、基本的な方向性については間違っていないという確信はあるが、どこか見落

としているところがあるのではないかと考えているところだ。

 

 

人間であっても完璧な食事を常にとっている人はいないであろう。ドッグフードを与えていれば安心だという

神話を作り上げたのは、フード会社の戦略だと私は思っている。獣医を取り込み大々的な宣伝をして、愛犬

家の心をとらえるという罠に私ははまらいつもりだ。

 

手作り食は楽しい。

私は、この歳になって初めて、愛する者のために食事を作る喜びを知った。

 

 

 追伸

本来は肉食の犬が、炭水化物をうまく消化できるのかについて、いろいろな意見があるようだが、

この件について先月興味深い記事を見つけたのでここに掲載しておく。

 

【1月24日 AFP】イエイヌが肉食のオオカミから人間の残飯を食べる家畜へと進化したのは、でんぷんを豊富に含んだ食事を消化できるよう遺伝子が変化したためだとする研究結果が23日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。スウェーデン、ノルウェー、米国の共同研究チームが、イエイヌ14品種60匹と、世界各地から集めたオオカミ12匹の遺伝子コードを比較したところ、複数の明確な違いがあったという。

 論文の共同執筆者であるスウェーデン・ウプサラ大学(Uppsala University)のエリック・アクセルソン(Erik Axelsson)氏は、AFPの電子メール取材に「イヌの消化器系がわれわれ人間の食事に似たものを食べられるよう適応したことを示す発見だ」と説明した。

 これまでの研究では、イヌの家畜化が始まったのはオオカミが人間の居住地域の近くで残飯をあさり始めたことがきっかけだと考えられている。イヌは推定7000~3万年前にオオカミから枝分かれしたとされる。

「われわれは(進化の)謎を解く全く新しいカギを発見した。それは、イヌがより効果的なでんぷん消化能力を持っているということだ」とアクセルソン氏は述べた。これは、残飯を消化できるようになったオオカミだけがイヌの祖先に進化して生き延びた可能性を示しているほか、「イヌの家畜化が農業の発展と同時期に進んだことも示唆している」という。(c)AFP


TITLE:オオカミからイヌへの進化、カギは「でんぷん消化能力」 国際ニュース : AFPBB News
DATE:2013/01/25 10:33
URL:http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2923074/10159117?ctm_campaign=txt_topics

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


我が家のバレンタインデー - 2013.02.14 Thu

バレンタインデーなどチョコレート会社の宣伝としか思っていない私には

全く興味外のことであるが、AYAにとってはどうやらそうでないらいしい。

 

昨夜遅くまで、AYAはMAMAと一緒にクッキー作りに励んでいた。

AYAはネットで気に入ったレシピを見つけ、それに基づいて材料の仕入れから

製作まで全て自分でやりたかったのだが、それはまだ無理だったようだ。

 

 

 

生地をこねることは何とかできたが、うまく伸ばすことができない。

「ママ、手伝って~」と最初のSOS。

「簡単そうに見えるけど、けっこう難しいんだね」とAYA。

 

 

次に生地を型にはめて切り取る作業にも悪戦苦闘。

生地が温まってしまうとベトベトして切り抜くことができないので、一旦、冷蔵庫

に生地を入れて冷たくしてやり直した。

 

 

今回作ったのは、人の型と星の型の二種類。

これをオーブンに入れて焼くのが次の段階だ。

 

 

オーブンから出てきたクッキーはとても芳ばしい香りがする。

「ひとつ味見してあげようか」というと「ダメ!」と即断られた。

 

温かいうちに板チョコを砕いて乗せると、上手い具合に溶けてくれる。

その上に色とりどりのデコレーションを施すのだ。

真剣な表情で取り組んでいるAYAが可愛らしい。

 

 

もう一つの皿はアーモンドチップを振りかけた。

見た目は劣るけど、味はこっちの方がいいかもね。

 

こんなにたくさん作って、いったい何人にあげるのかと尋ねると、

「8人くらいかな」という答。よく聞いてみると、女の子の友だち同士

でチョコを交換しているらしい。

 

それを聞いてちょっと安心する父親。

ちなみに私は今年、こんなチョコを頂いた。

 

 

私が焼酎が好きなことを知って、このチョコを選んだのであろう。

私にこれをプレゼントしてくれた女性は、飼犬であるアメリカンコッカスパニエルが縁で

結婚するという経歴の持ち主だ。

 

 

ブランデー入りのチョコよりこっちの方がいけるかも。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


JOYに友だちはできるのか - 2013.02.11 Mon

連休最後の今日、久しぶりに親子三人でポティロンに行くことができた。

いつも誰かが忙しくて、三人揃うことは稀だった。着いたのは3時半ごろ。

まだまだ寒いせいか、残念ながらほとんど犬はいなかった。

 

(写真はすべて、別の日に撮影したものです)

 

幸いなことに、ウイペットのラッキー君とつばめちゃんを家族にもつラキつば父さんが来ていた。

久しぶりで会うことができて、JOYも私も大喜び。しかし、JOYは興奮して暴走してしまう。

最初こそ、仲良く追いかけっこをして遊んでいたのだが、安心してみていられたのもつかの間。

ラッキー君の水飲み容器を咥えて走り回るという、いつもの悪ふざけを開始する。何とか容器を

私がJOYから奪い取ると、今度はラッキー君のボールを横取りして逃げ回る展開へ。

 

 

JOYは以前にも、ラッキー君のボールを咥えて走り回り、ボールをズタズタにした前科を

持つだけに私は気がかりでならなかった。ラキつば父さんには、申し訳ない気持ちで一杯だ。

JOYは何故、旧知の仲であるラッキー君やつばめちゃんと仲良く遊べないのだろう。

以前は、いつまでもひたすらに追いかけっこを楽しんでいたのに・・。

 

 

 しばらくすると、初めてお見かけするドーベルマンがやってきた。名前はスカルさん。

とっても人懐こい可愛い女の子だ。写真を撮らなかったことが本当に悔やまれる。

JOYは仲良く遊べるといいなぁと思っていたのだが、私の願いはみごと打ち砕かれた。

ラッキー君のボールを咥えていた時は問題がなかったのだが、私がそれを取り上げた

とたん、スカルさんに対してガウガウが始まった。

 

 

スカルさんの飼い主さんは、「JOY君はボールを取り上げられて気持ちがイライラしてしま

たんだね」と好意的に解釈してくれたが、私はそんなことが原因でないことは分かっている。

最近のJOYを見ていると、小型犬に対しては問題がないが、大型犬に対しては犬種や性別

を問わず威圧的にふるまう傾向があるのだ。相手が気にしなければ問題がないが、そうで

ないと、たちどころにガウガウが始まってしまうのだ。 

 

JOYよ、このままだと友達がいなくなっちゃうぞ。

なんとかならないかなぁ・・。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (166)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (108)
犬のご飯 (42)
健康 (71)
知識 (51)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (13)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (15)
犬にまつわること (6)
AYA (132)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (60)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (13)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (32)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (6)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)
雨の日のこと (1)
非常事態 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア