topimage

2012-09

小学校、最後の運動会 - 2012.09.29 Sat

今日は、AYAの小学校生活における最後の運動会。

放送係を担当するAYAの「入場」という声で、全校生徒がグランドに整列。

 

 

AYAは放送係の仕事を楽しみにしていた。昨晩も 話す予定の原稿を、

夜遅くまでチェックしていた。

 

 

紅白リレーの実況など、状況を見ながらアドリブで話さなければならない

ときも、そつなくこなしていた。友だちのお母さんからも「上手ですね」と

褒められ、本人より父親の方が喜んでいた。

  

 (手前がAYA)

走る姿も、学年が上がるにつれて、徐々にしっかりしたスタイルに。

 徒競走の結果は4位だが、私はAYAの素晴らしい走りに大満足。 

 

 

障害走はAYAの好きな種目。

単に走る速さを競うのではなく、自分のめくったカードの指示に従って、競技をするため

不確定な要因で順位が左右される。そこが面白いのだとか。

 

 

AYAのめくったカードには「見物に来ている中学生」を一緒に連れてくるという指示が

書かれていた。

 

 

「中学生の人、ご協力お願いします!」というAYAの呼びかけに、男の子が観客席

から出てきてくれた。

 

 

AYAの求めに応じて出て来てくれた男の子は、近所に住んでいるS君だった。

S君は幼稚園の頃、送迎バスにAYAと一緒に乗り降りしていた仲であった。

 

 

幼稚園の頃と全く違う風貌だったので、AYAからS君だと教えてもらうまで、全く分からなかった。

そういえば、S君はとても気持ちの優しい子だったことを、ふと思い出した。

 

 

手と手を取り合ってゴールに向かう姿は、なにか微笑ましいものがある。

途中でめくるカードによって順位が左右されるわけだが、カードによっては、

??と思えるようなものも。

 

 

「かっこいい6年生の先生」と書いてあるが、生徒の基準からみて「かっこいい先生」

がいなかった場合はどうなるのだろうか。まあ、その辺はご愛嬌ということなのだろう。

ちなみに、この「かっこいい」先生がAYAの担任である。

 

 

次はいよいよ、保護者も参加する「デカパン競争」。

こんなの簡単じゃないかとタカをくくっていたのだが・・・。

 

 

デカパンを履くのに手間取ってしまって、なかなかスタートを切ることが出来ない。

結局、最初のモタモタがたたって、4組中4位という最悪の結果。

 

 

結果はともあれ、AYAと一緒に競技に参加できて、私はとても幸福な気分を味わうことが出来た。

 

 

4位だったことを悔しがるAYA。

それをなだめる父。

いつまでも、その純粋な心を持ち続けてくれ。

 

 

 こうやってAYAと一緒に遊べるのは、あと何年あるだろう。

AYAと過ごせる今という瞬間を大切にしたいものだ。

 

 

ランチタイム。

おばあちゃんもAYAのために、予定を変更してまで参加してくれた。

 

 

午後の部は組体操からスタート。

 

 (AYAは左下)

(AYAは左から3番目)

 

 

 (AYAは中央)

 

(AYAは下から2段目の中央)

 

AYAの苦しそうな表情をみて、Uちゃんのお母さんが声援を送っていた。

そして最後は大玉送り。 

 

(AYAは右端)

 

AYAのいる白組は負けて残念だったけど、AYAが一生懸命に頑張っている姿を

見ることが出来てとても嬉しかったよ。

ありがとうAYA。

  

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


ドーベルマンは奇麗であるべきか? - 2012.09.28 Fri

JOYと一緒にペットサロングレースの前を通りかかったところ、

女性店長の方に呼び止められた。

「ドーベルマンを飼っているなら、もっと奇麗にしてあげなきゃ」

JOYの体にはフケのような白いものが、目立っていたことを指摘されたのだ。

 

この店長は以前もJOYに対して、

「耳を立てなかったのが悔やまれますね。」

と公言してはばからない気さくな方?である。

 

月一回しかシャンプーをしていないので、フケがでるのは仕方がない

と思っていたのだが、どうやらそうではないということが分かった。

私は、それまで以前JOYが皮膚のただれがあったときに獣医に勧め

られたノルバサンという薬用シャンプーを使っていたのだが、それが

いけなかったらしい。

 

薬用シャンプーは皮膚を乾燥させる働きがあるので、皮膚に異常がない時は

使用を控えた方がよいと教えられた。フケが大量に出る原因は薬用シャンプー

を使っているからということであった。

 

そこで、店長にお奨めのシャンプーを聞いたところ2つの候補を挙げてくれた。

一つは3000円もするのでパス。他方は、1500円のハーブ&ピュアという商品。

人用のシャンプーと比較するとこれでも十分高額だが、ものは試しと購入した。

 

 

店長はこれ以外にも、艶を出すためのスプレーと豚毛のブラシを教えてくれたが

AYAの「そこまで、必要ないんじゃない」という意見もありシャンプーのみの購入

となった。

 

フケを抑えるためにシャンプーを変更するのは良しとしても、毛並みの艶を良く

するためにスプレーをかけて磨くというのは、どんなものだろうかというのが、

親子の一致した考えである。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


ようやく走れる季節に - 2012.09.25 Tue

ようやく涼しくなり、JOYも思いっきり走ることができるようだ。

いつものドッグランへ行くと、今日もガラガラ。

 

 

友達がいなくても、私が遊んであげなくても、JOYは一人で走っている。

一人遊びが上手なのは、一人っ子の特技。

AYAもまさしく、そう。

 

 

 

いつの間にか夏のギラギラする光から、柔らかい日差しに変わっている。

その中を縦横無尽に走るJOY。

 

 

羊をみると、何故か飛び跳ねるように走る。

喜んで興奮しているから?

 

 

何の刺激がなくても、結構、長い時間走っている。

何を考えながら走っているのだろう?

JOYがドッグランでよく走るのは、いつもウイペットやイタグレの友だちと

追いかけっこをしてもらったからだと思う。

 

 

 

こんなによく走るのなら、コンデジではなく一眼レフを持ってくれば良かった。

そういえば最近、一眼レフはめったに使わなくなってしまったなぁ。

 

 

デジカメでデタラメにシャッターを切ってるから、いつもこの程度の写真ばかり・・。

ラキつば父さんの様に、見た瞬間に息を呑むような写真をいつかは撮りたいものだ。

 

 

もう、おしまいにしよう。

JOY、家に帰るから戻っておいで! 「COME!」

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


JOYの笑顔 - 2012.09.22 Sat

JOYは実に様々な表情を私たちに見せてくれます。

 

他の犬に出会って緊張した顔、ここは自分のテリトリーだと主張している顔、

怪しい人だと警戒している顔、一緒に遊ぼうよと誘っている顔、

餌を前にマテをさせられて我慢している顔、飼い主の帰宅を喜ぶ顔、

叱られてシュンとなっている顔、ドッグランに来てワクワクしている顔、

悪さをしていたのがばれてバツの悪そうな顔、怒っているときの顔、

私に指示を求めるときの顔、etc。

 

そのなかで、家族と一緒にいるときにみせる、優しい笑顔が私は好きです。

 

 

ドーベルマンは怒っているときとの怖い顔と、甘えているときの可愛い顔が、あまりにも

違うので驚かされます。これも、ドーベルマンの魅力の一つかもしれません。

 

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


JOYが考えた遊び - 2012.09.18 Tue

天気が不順で晴れていたかと思うと突然の雨。

おなじみのポティロンも閑古鳥が鳴いている。

 

遊び相手がいないので、JOYは私を相手に遊ぶ方法を考えたようだ。

JOYは私の目を盗み、水を入れているペットボトルを咥えて走り出した。

 

 

2Lのペットボトルに水が入っているので、軽くないのだが余裕で咥えている。

ペットボトルを持っていくと、それを取り上げようと私が追いかけるのを知っているのだ。

 

 

私を挑発するように、自分がペットボトルを咥えていることを誇示している。

「ペットボトルが欲しければ、ここまでおいで!」と言っているのだ。

 

 

私の周りを行ったり来たりしているJOY。

追いかけても追いつかないので無視していると近寄ってくる。

 

 

 

取り上げようと近づくと、離れて行く。

遠ざかって様子を見ているJOY。

してやったりの表情。

 

 

この駆け引きが面白いのだろうか。

JOYはとても満足そうだ。

 

 

今度は、こちらが仕掛ける番だ。

私は木の陰に体を隠す。

私の姿が見えなくなると、ペットボトルを放り出して探し始めるJOY。

 

 

全速力でこちらに向かってくるJOY。

木の後ろに私が隠れているのが分かったようだ。

 

 

かくれんぼは、JOYの好きな遊びの一つである。

隠れるのはいつも私であるが。

 

 

隠れている私を見つけると、JOYはいつも興奮して私の靴を噛む。

「見つけたぞ」という合図なのだろう。

 

 

ところが今回は、私の靴を噛む余裕はない。

見つかったと同時に、私がペットボトルの方角に向かって走り出したのだ。

 

 

私にペットボトルを取られてはなるものかと、慌ててペットボトルの方角に走り出すJOY。

私の陰謀にまんまと乗せられてしまったのだ。

 

 

慌てて戻っていく様は、こっけいで面白い。

「しまった!」と体全体で表している。

 

 

とはいうものの、私よりも数倍脚の速いJOYは、ペットボトルを取られてしまうとう

失態は何とか避けられた。

 

 

こうやって写真で見ると、全速では走っていないようだ。

所詮人間なんて足が遅いと思っているのだろう。

 

 

ペットボトルのところまで戻り、安心した表情のJOY。

次はどんな作戦で私が仕掛けてくるのか楽しみにしているようだ。

 

 

「頭を使った遊びをもっとした方がよい」とラキつば父さんにアドバイスいただいたが

期せずしてJOY本人から遊び方を教えてもらったような気がする。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


現代の犬は、昔の犬より幸せか? - 2012.09.16 Sun

動物に対する世間の意識が変わり、犬などペットは法律により保護される

ようになった。ある面では、人からの理不尽な扱いを受ける機会が少なく

なったといえるだろう。

 

しかし、現在の犬は昔の犬と比べて、はたして幸せといえるだろうか。

エリザベズ・M・トーマスの「犬たちの礼節ある社会生活」(草思社)を読んで

そんな疑問が生じた。以下は、この本からの抜粋である。

 

第3世界の多くの村人たちとおなじように、ブッシュマンは犬に対してめったに

餌を与えなかった。人が犬に餌を与えるようになったのは、かなり最近のことだ。

食料が容易に手に入る現在のアメリカ人からみれば残酷に思えるかもしれないが、

アフリカの多くの地域やその他の発展途上地域では、食糧はつねに乏しいく、

動物に分け与えることはできない。

 

そしてまたブッシュマンランドの人びとは、どんな動物も自力で何とか生きのびるべき

だと考えていた。だから、村の犬はごみをあさり、手に入るかぎりの残飯を手にいれ、

人間の糞を食べた。そこでこの土地の犬は、原始の犬と非常に近かった。

 

この系統の犬たちが人間から定期的に餌を与えられたことは、まずなかった。彼らは

最初の狼が最初の人間に接して以来、自力で切り抜けてきたのである。

 

私たちの社会ではカラハリのブッシュマンと正反対だが、結果は同じように無慈悲だ。

ブッシュマンは、動物は自力で生きのびられると考え、手を貸さずに動物たちの必死

の努力にまかせる。かたや私たちは、動物は自力で生きのびられないと考え、放置す

るよりは死を選ばせる。

 

飼い主のない動物は、私たちのあいだで生きるより、無関心なブッシュマンのあいだで

生きるほうが安全といえるだろう。

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!

共通の知り合い - 2012.09.14 Fri

この時期、まだ暑さが残っているためポティロンはガラガラ。

大型犬エリアはJOYだけで、小型犬エリアは4~5頭という有様。

 

前も会ったことがあるトイマンチェスターテリア2頭の飼い主さんと

「トイマンとドベって、お互い親戚みたいなものですね」としばし談笑。

 

「実は、ドーベルマンとトイマンチェスターテリアの2頭を飼っている人

がいるんですが」と私がいうと・・・

「それ、チョコちゃんアイスちゃんでしょ!」という突っ込み。

 「へ~っ、ご存じなんですか。」ビックリしました。

 

チョコちゃんママには、JOYが幼い頃、いろいろお世話になりました。

ブログも面白く、大ファンでした。また復活して欲しいものです。

 

ドーベルマンとトイマンチェスターテリアの世界って、それほど広くない

んですね。

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!

トドからの脱却 - 2012.09.12 Wed

JOYが我が家に来てから2年がたちますが、一つだけ不満があります。

それは、JOYに時間をとられて、自分の運動ができなくなったことです。

というのは単なる言い訳。時間は自分で作るもの。ついに決意しました。

トドのような体に、おさらばすることを。

 

2年ぶりにジムへ行くと、「お久しぶり」とインストラクターの方に声をかけられ

ちょっと照れました。ウエートレーニングをすると、やはり筋肉が落ちている

ことを実感。ランニングをすると、2年前の半分も走れないことが判明。

体は正直です。

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


頭が良い犬、悪い犬 - 2012.09.11 Tue

その昔、シベリアンハスキーを飼っている友人に、こんな質問をしたことがある。

「シベリアンハスキーって、北極でそりを引くだけの犬だから頭悪いんでしょ?」

その当時、犬について興味などなかったのだが、どこかでハスキーについて

そんな風評を耳にしたのであった。

 

私の突拍子もない質問に友人は目を丸くして驚いたが、すぐ気を取り直して、

ハスキーは人のいうことをよく聞く、温かくて優秀な犬だということを説明して

くれた。今にして思えば、こんな質問をした私の方が、よっぽど愚かである。

 

それにしても、犬の頭の良し悪しはどのように考えたらよいのだろうか。

ブルース・フォーグルは著書「あなたのイヌがわかる本」(ダイヤモンド社)の

なかで犬の知能を次の4つに分類している。

1)学習能力・・・学習能力の高い犬はある状況に何度か会っただけで、安定

          して適切に対応するようになる。

2)問題解決・・・問題を短い時間で解決し、試行錯誤の回数が少ないほど、

          そのイヌの問題解決の能力は高い。

3)コミュニケーション知能・・・人がそのイヌになにをして欲しいかを理解する

          コミュニケーションの技能。

4)本能的知能・・・イヌの脳のさまざまな学習中枢に組み込まれている。選択

          育種により、イヌが遺伝的に受け継いでいる素質の一部は

          強化され、一部は衰退させられている。

 

心理学者スタンリー・コリンはそれぞれの犬種が作業や服従を喜んでするか

どうかを、コミュニケーション知能によって順位づけている。それによると・・・

 

最もコミュニケーション知能の高い犬種

1位 ボーダー・コリー

2位 プードル

3位 ジャーマン・シェパード

4位 ゴールデン・リトリバー

5位 ドーベルマン

6位 シェットランド・シープドッグ

7位 ラブラドール・リトリバー

 

おっ、ドーベルマンが5位に入ってる! これは素直に嬉しい。

ではその逆に、コミュニケーション知能が劣っていると評価された犬種は

どうなっているのかというと・・・

 

ワースト1位 アフガン・ハウンド

ワースト2位 バセンジー

ワースト3位 ブルドッグ

ワースト4位 チャウ・チャウ

ワースト5位 ボルゾイ

ワースト6位 ブラッドハウンド

ワースト7位 ペキニーズ

 

「あなたのイヌがわかる本」(ダイヤモンド社)の中では、この結果から

アフガン・ハウンドを写真入いで「頭の悪さが公認された犬種」として

紹介しているが、ちょっと違うような気がする。人のいうことを聞かない

のは理解できないからではなく、自分の判断でそれに従わないという

強い意志の表れではないだろうか。

 

コミュニケーション知能でトップであるボーダー・コリーは、問題解決の

知能でも高く評価されている。もともとボーダー・コリーは、問題解決の

能力を高めるように選択育種されてきたそうだ。

ブルース・フォーグルから「もっとも頭の悪い」犬種として名指しされたアフガンハウンド。

私が飼い主だったら、名誉毀損で訴えてやるのに。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


犬の感じる寂しさ - 2012.09.09 Sun

JOYは一人のとき、何を考えているのだろうか。

一人ぼっちで、寂しいと感じているのだろうか。

 

家族で食事をとるときは、いつもJOYはリビングにおいておく。

リビングとキッチンは曇りガラスのドアがあり、食事中は閉めておく。

 

今まではおとなしかったのだが、最近、JOYは自分もキッチンで一緒に

いたいと訴えるようになった。人の食べ物は一切、JOYには与えないので

キッチンに入っても、JOYは食事のおこぼれをもらうことはない。静かに

伏せの姿勢をとって、家族が食事を終えるのを待つだけである。

 

家族が食事をとっている間、リビングで自由に過ごしている方が自由に

くつろげると思うのだが、JOYは伏せの姿勢で家族のそばにいる方が、

安心するみたいである。

 

そこで、今度は食事中にキッチンとリビングのドアを開けたままにして

JOYを一人でリビングで待たせてみた。JOYに対しては「待て」の指示

を出しているので、そこを動くことはできないがそこから食事をしている

家族の様子は見える。

 

しばらくすると、JOYはその場に横になり、気持ち良さそうに寝転んで

しまった。キッチンとリビングの仕切りをなくすことで、JOYは家族との

一体感を感じているようにもみてとれる。

 

そういえば、車の中にいるときもJOYはとてもリラックスしているように

みえる。後部座席で何時間でもおとなしくしているので、時々、JOYが

車に乗っていることを忘れるくらいだ。よほど居心地がよいのか、車か

らなかなか出ようとしないので困るときもある。

 

こうしてみると、とくに相手をしなくても、ただ一緒にいるだけでJOYは

満足しているような気がする。これも群れとして生きている犬の習性

なのであろうか。

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (163)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (107)
犬のご飯 (42)
健康 (69)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (13)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (15)
犬にまつわること (6)
AYA (131)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (59)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (13)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (30)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)
雨の日のこと (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア