topimage

2011-06

嘔吐の原因は? - 2011.06.30 Thu

ここ3日間、JOYの嘔吐の問題で悩まされていました。

これまでも、散歩の途中で吐くことがあったのですが、

今回は、何度も続けて吐くので、病院で診察してもらいました。

 

加藤院長はJOYを診察して、「それほど気になるような兆候はありません」と

というお見立てだったのですが、MAMAが「あれだけ苦しそうにしているの

だから心配です」ということで、血液検査をしてもらうことになりました。

 

MAMAはその日、大切な用事があったのですがJOYの一大事ということで

それをキャンセルして私に同行して病院に来ました。気合が入っています。

私一人であったら、血液検査までお願いしなかったでしょう。

 

これが、その結果です。

 

院長の見立てどおり、嘔吐の原因となるような重大な疾患の兆候は

ありませんでした。一安心です。

 

ただ一つ、T-Proの値が4.9g/dlとなっていることが、ちょっと気になると

いうことです。これは、栄養状態が少し悪いことを示しているそうです。

嘔吐を繰り返していて充分な栄養が取れなかったせいでしょうか。

 

嘔吐の原因は特定化されませんでしたが、その対策として出来ることは

すべてやってみようということで、ドッグフードも変えてみることにしました。

院長のお勧めのドッグフードを聞いたところ、ドッグわん、アニモンダ、アカナ

という3つのブランドを教えていただきました。これらのドッグフードは、原料と

して使われている食材が良質のものだそうです。

 

家に帰り、ネットで検索していろいろ比較検討した結果

JOYの新しい食事として選んだのはコレです。

アカナ パピー ラージブリード大型犬種 幼犬用。

食材が良いためなのでしょう、お値段もそれなりです。

 JOYの食事は、ユーカヌバ、ロイヤルカナン、ダイヤモンドと

替わってきましたが、これで4回目の変更です。

 

食事だけでなく、食べさせ方についても、工夫をしてみました。

こんな記述をブログで見つけたので。

 

嘔吐の原因としてよく見られるのは、胃の運動機能の障害、すなわち胃がうまく

働かなくなることです。障害の状態や程度もさまざまで、胃の運動が正常時より早

くなったり、逆に遅くなったり、あるいは停止してしまうこともあります。

代表的な病気としては、大型犬に起こりやすい胃拡張や胃捻転があります。

特に胸の深いドーベルマンやジャーマン・シェパードなどに、この病気が見られます。

このような病気を防ぐには、食べ物をゆっくり食べさせることが大切です。

犬がどうしても早く食べてしまう場合は、少量ずつ何回かに分けて与える工夫をしましょう。

 

JOYは、早食いで飲み込むようにして食べています。そこで、しばらくの間は

食事を少しづつ手にとって与えることにしました。これならば、しっかり噛んで

食べることができますから。

 

また、ご近所で犬の里親活動をされている「ポチたま会」の川上さんに相談した

ところ、暑さによる夏ばてが原因ではないかというご意見をいただきました。

水を入れたペットボトル(500ml)を凍らせ、それをハウスの中にいれておくと

かなり暑さをしのげるというお話も聞きました。

最近、急激に暑くなっているので、散歩の時間帯やエアコンの使用も考えてみる

ことにしました。

 

多くの方のアドバイスを参考にしながら、しばらくは様子をみてみることにします。

 

嘔吐の原因について参考にさせていただいたサイトからの転載です。

嘔吐の原因と治療

          ■はじめに
          ■嘔吐と吐き出しは違う
          ■嘔吐の原因は胃腸管にある
          ■吐いたものを食べるときは吐き出し
          ■食べた物をうまく飲み込めない嚥下困難
          ■胃捻転が原因で起こる嘔吐もある
          ■食事をゆっくり食べさせよう
          ■幽門の病気は短頭種に多い
          ■毒物を食べた場合の嘔吐
          ■血液が混じっていたら注意しよう
          ■消化器以外の病気もある
          ■食べ過ぎによる嘔吐が一番多い
          ■元気がないときは危険
          ■嘔吐の治療は絶食療法で

■はじめに
消化器は、口から入れた食べ物を消化し、便として排泄するまでの働きをする器官で、食道、胃、小腸、大腸に大きく分けられます。消化器病の主要な症状は嘔吐と下痢で、この2つを消化器病の2大症状と呼んでいいでしょう。

嘔吐も下痢も、飼い主の方が簡単に気づくことのできる症状です。これらについて基本的な知識があれば、原因を推測できることもあり、また動物病院に連れていった場合も、診察に役立つ情報を提供できるでしょう。この2大症状の特徴については、ぜひ知っておいてください。
■嘔吐と吐き出しは違う
犬が食べたものを口から吐き出すことは、よく起こることです。これを嘔吐だと思っている人は多いでしょうが、もう少し詳しい見方をしましょう。

犬が吐いたものを見ると、食べ物がある程度消化されている場合と、まったく消化されていない場合があります。この違いからだけでも、食べ物を吐き出した原因がどこにあるのか、鑑別をつけることができます。食べ物を同じように口から吐き出しても、原因が違う場合は、症状の呼び方も当然違います。医学的には、吐いたものが消化されている場合を「嘔吐」と呼び、消化されていない場合を「吐き出し」と呼んでいます。

■嘔吐の原因は胃腸管にある
「嘔吐」と「吐き出し」は区別する必要があります。嘔吐の場合、吐いたものがある程度消化されています。このことは、食べたものが胃や胃に近い小腸にまで達し、そこで少し消化されたが、何らかの異常があるため、外へ吐き戻されたことを意味します。

これに対して、吐き出しは、食べたものが胃腸管まで達する前に、すなわち消化される前に口から逆流したのであり、胃の前の器官、すなわち食道に原因があることを意味します。したがって、嘔吐の場合は胃腸管に、吐き出しの場合は食道に異常を見つけることが必要になります。

■吐いた物を食べるときは吐き出し
嘔吐と吐き出しでは、ほかにも違いが見られます。嘔吐の場合、動物は下を向いて吐きますが、吐き出しでは、力強く前に飛ばすように吐きます。また、嘔吐で戻したものを動物は食べませんが、吐き出しで戻したものは、食べたときとほとんど変化していませんので、また食べることがあります。

このように、嘔吐と吐き出しには、飼い主の方が比較的簡単に見分けられる特徴があります。
■食べ物をうまく飲み込めない嚥下困難
食べたものを吐き戻す症状には、嘔吐と吐き出しのほかに、もう1つ「嚥下困難」 と呼ばれるものがあります。「嚥下」は食べ物を飲み込むことですから、「嚥下困難」は食べ物をうまく飲み込むことができないで、吐き戻してしまう症状をいいます。

この症状の原因は、口腔(口の中)か咽頭か食道にあります。動物が食べたものを吐いた場合、嘔吐、吐き出し、嚥下困難に大きく分けられることを知っておきましょう。
■胃捻転が原因で起こる嘔吐もある
嘔吐の原因としてよく見られるのは、胃の運動機能の障害、すなわち胃がうまく働かなくなることです。障害の状態や程度もさまざまで、胃の運動が正常時より早くなったり、逆に遅くなったり、あるいは停止してしまうこともあります。

代表的な病気としては、大型犬に起こりやすい胃拡張や胃捻転があります。特に胸の深いドーベルマンやジャーマン・シェパードなどに、この病気が見られます。このような病気を防ぐには、食べ物をゆっくり食べさせることが大切です。犬がどうしても早く食べてしまう場合は、少量ずつ何回かに分けて与える工夫をしましょう。
■食事はゆっくり食べさせよう
前出の胃捻転は胃がねじれる病気で、命に関わることがあります。大量の食べ物を一気に胃の中に入れ、すぐに水を飲んで、食後に運動すると、胃の中のガスが発酵し、この病気を起こすおそれがあります。また、胃捻転はカルシウムの過剰摂取と関係があるともいわれています。この場合 に限らず、カルシウムの過剰摂取は危険です。市販のフードにはカルシウムが十分に含まれていますので、適正量を食べていれば、たとえ大型犬でもカルシウムが不足する心配はありません。カルシウムを特別に投与するのは、獣医師が必要と認め、処方した場合だけです。

胃捻転を防ぐためにも、カルシウムを特別に与えないようにし、さらに食事をゆっくり食べさせ、食後は休息させ、すぐに運動させないようにしましょう。
■幽門の病気は短頭種に多い
胃と食道の接合部を「噴門」といい、胃と小腸の接合部を「幽門」といいます。この噴門や幽門に異常がある場合も、嘔吐を引き起こすことがあります。どちらかといえば、噴門より幽門の障害のほうが多いようです。

犬種では、短頭種のシー・ズーやパグに幽門の障害がよく見られます。このような犬種の犬が、食後20~30分くらいで嘔吐を起こした場合、その病気を疑うことができます。

治療法としては、手術によって治す場合と、薬物を生涯にわたって投与する場合があります。
■毒物を食べた場合の嘔吐
中毒が原因で嘔吐することもあります。しかし、これにはなかなか難しい問題があります。飼い主が実際に、中毒の原因になるものを食べたところを見た場合は、もちろん簡単に診断できます。

しかし、実際に現場を見ていない場合は、原因になった毒物を特定することは、なかなか困難です。もし食べたものがわかっている場合は、動物を病院に連れていくとき、その現物を持っていくと、治療法を決定するときの役に立ちます。

■血液が混じっていたら注意しよう
嘔吐物に血液が混じっていたら、注意しましょう。胃のびらん、潰瘍、腫瘍などの病気が疑われます。特に嘔吐物がコーヒー色になっている場合、古い血液の色ですから、重篤な潰瘍や腫瘍が疑われますから、すぐに動物病院へ連れていき、診察してもらってください。

すぐに処置をしないと、手遅れになることもありますから、くれぐれも嘔吐物の状態に注意していてください。
■消化器以外の病気もある
嘔吐の原因が必ず消化器にあるとは限りません。副腎皮質機能低下症など、代謝性の病気が原因で嘔吐が起こることもあります。その他、肝臓や脾臓の病気のために、嘔吐することもあります。

動物が嘔吐したとき、消化器に異常が見つからない場合は、消化器以外の病気を疑ってみる必要があります。
■食べ過ぎによる嘔吐が一番多い
実際には、嘔吐の原因で最も多いのは、食べ過ぎや、腐敗したものや刺激の強いものを食べた場合です。
動物が嘔吐した場合は、食べ過ぎなかったか、あるいは古くなった食べ物や刺激の強いものを食べなかったかどうか、調べてみましょう。

しかし、ここまでに説明したように、嘔吐を引き起こすいろいろな病気があり、中には重篤なものもあります。動物が嘔吐したら、「また、食べ過ぎたのだろう」ですますのではなく、異常と思われるサインを見逃さないようにしましょう。
■元気がないときは危険
嘔吐したあとの動物の状態を観察することも重要です。嘔吐してから、いつもと変わらず元気になった場合は、通常は心配する必要はないでしょう。

しかし、嘔吐後、元気がなくぐったりしていたり、いつもと違う状態が認められたら、何らかの病気が隠されている可能性があります。その場合は、嘔吐物を調べたり、動物の状態を観察し、早めに動物病院に連れていきましょう。
■嘔吐の治療は絶食療法で
嘔吐の治療の基本は、絶食と絶水です。

犬が比較的元気な場合は、24時間の絶食を続けます。絶水は12時間させるのが理想です。嘔吐の回数が減ってきたら、消化のよい食事を少し与えます。量的には通常の半分程度を、3~6回くらいに分けて与えてください。犬が喉の乾きを訴えたら、氷のかけらを数個与えれば、乾きもおさまり、胃粘膜の炎症をある程度抑えられるでしょう。

少し元気のない犬の場合は、絶食時間を12時間にします。もし元気がまったくない場合は、獣医師の指示に従ってください。また、絶食を行っても、嘔吐が止まらない場合は、動物病院に連れていきましょう。嘔吐が続くと、体内の水分が失われ、体力が消耗します。早く原因を突き止め、治療を行う必要があります。




TITLE:犬の飼い方と病気:嘔吐の原因と治療
DATE:2011/06/29 05:43
URL:http://www.pet-hospital.org/dog-002.htm

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


1歳の誕生日を迎えて - 2011.06.24 Fri

本日6月24日はJOYの誕生日。満1歳になりました。

大型犬の場合、人間の年齢にすると12歳位だそうです。

AYAは11歳なので、この1年間でもう追い越されてしまった

のですね。

 

JOYが我が家に来てからほぼ、10ヶ月がたちました。

長かったような、あっという間だったような気がします。

あまりにも多くのことが、あっという間に目の前を通り過ぎていった、

というのが素直な印象です。

 

この1年間の成長は目を見張るものがありました。

散歩に行くたびに「大きくなったね」と声をかけられました。

可愛らしい子犬の表情を記録にとどめておきたいと、必死で

カメラのシャッターを押し続けていた1年間ともいえます。

 

私にとってもAYAにとっても、この1年間は貴重な体験だったと

思っています。AYAにとってJOYはまさに弟そのものです。

JOYは家族の一員として、これからますます信頼関係を深めて

いくことでしょう。

 

訓練士の国本さんをはじめ、ネット上で知り合った多くの方々の

温かい助言のおかげで、なんとか1歳まで育てることができました。

初めは犬の成長を綴るだけのブログのつもりだったのですが、

ネットを通じてこれだけ多くの人から、有益な情報を頂くことができ、

正直、とても驚いています。これからも、よろしくお願い申し上げます。

 

最後に、JOYをお世話頂いた村松さんには心から感謝しています。

JOYは大きな病気をすることもなく、すくすくと成長しています。

体重も33kgになりました。素晴らしい犬をありがとうございました。

 

 

PS:人気ブログ「ドーベルマンボルドーブログ日記」の主人公たちと誕生日が

同じことも何かの縁かもしれません。

 

   にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


JOYと一緒に走りたい! - 2011.06.23 Thu

何を思ったのかAYAが突然「JOYと一緒に走りたい」というので、

安全な場所を見計らって、AYAにJOYを任せることにしました。

 

 

JOYの場合、小学生が一人で散歩させるにはリスクが大きすぎます。

でも私の住んでいる町は、幸い田舎で人の少ない場所があるので

親が一緒であれば、AYAがリードを持って散歩させることもできます。

 

 

実は、AYAは走るのがそれほど得意ではありません。とくに長距離走は

苦手です。でも、JOYとの散歩を機に、走る練習になればいいなと思って

います。JOYと一緒に走ることで、走ることが楽しく感じられるようになるか

もしれません。

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!

ネット情報の利用について - 2011.06.20 Mon

フロントラインの利用についてネット上で危険性を指摘する情報を得た

のですが、その後、信頼できる複数の方から利用しても大丈夫である

という感触を得たので、本日JOYに使用しました。

 

ネット情報は、だれでも気軽に発信できるという利点がある反面

その情報についての確からしさを保証するものは何もありません。

 

情報に踊らされて、右往左往するのは避けたいものです。やはり

最後は、信頼できる人の情報かどうかを確認したうえで判断する必要

があることを改めて実感しました。

 

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!

イタグレ・ボルゾイ・ボーダーコリーと遊ぶ - 2011.06.19 Sun

いつものドッグランです。

最近、喧嘩が続いているので、若干、緊張気味。

どうなることか・・・。

 

まずは、動画をご覧ください。

 

やれやれ。今日は、平和です。

走り終わると疲れぎみ。

 

走りに関しては、天才的に早いイタグレのお二人。

左が男の子、右は女の子です。

 

 

いつもながら、優雅なボルゾイ君。

飼い主さんによると、あまり走りたがらないとか。

サイトハンドなのにね。

 

今日のベストショットです。

 

とても粋な顔をしていますね。

 

おまけ。

シカゴの時代から好きだったピーター・セテラ。カーステレオで

ドッグランの行き帰りに聞いていたら、家に帰ってからAYAが

そのメロディを自然に口ずさんでいました。ちょっと、ビックリです。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!

自由参観 - 2011.06.17 Fri

昨日、AYAが学校で授業を受けている様子を見学してきました。

この日は、一日じゅう、いつでも見学に行ってよいことになって、

これを「自由参観」と呼んでいます。特定の授業だけを公開する

場合は「授業参観」と呼んで区別しています。

 

私が小学生だった頃は、授業参観しかありませんでした。自由参観

が始まったのは学校における教育内容に対して、保護者の関心が

高まったためなのでしょうか。いずれにせよ、学校の授業が公開され

るチャンスが増えることはよいことです。

 

「英語」と「総合」と呼ばれている授業を見学してきました。

英語は、今年から小学校で必修科目となりました。アメリカ人の若い

男性教諭による楽しい授業でした。ビートルズのHello goodbye を

歌ったりゲームをしたりと、子どもたちはとても喜んで授業を受けて

いました。

ビートルズは、彼らと同時代に生きてきた私にとって、とても身近

に感じられます。この歌は、メロディーもかろやかだし、歌詞も簡単

で歌いやすいので、たしかに教材としてピッタリかもしれませんね。

 

しかし全体的に見ると、小学生に対して、本格的に英語教育を取り

組んでいるとは言えない気がしました。英語を母国語としている人

から直接教わるという点も、会話中心の楽しい授業という点も賛成

ですが、教え方については検討の余地があると思います。

 

総合の授業では「手話」を扱っていました。英語と同じように、総合

という授業も私の小学生時代にはありませんでした。

 

AYAにこの授業の感想を聞くと「耳が不自由な人の気持ちが、少し

分かった」と言っていました。唇の動きをみて話の内容を理解する

体験をしたり、手話についていくつか教わることで、障害者の立場に

たって考えることがこの授業のねらいだったようです。

 

この授業以外にも、「福祉の心」を勉強していると言っていました。

AYAの顔がとても清清しく感じられました。

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!

 

おまけ

ビートルズのコピーとして、驚異的に完成度が高い!   さすがYMO。


フロントラインは必要? - 2011.06.15 Wed

喧嘩の時にできた傷を見てもらうために、獣医に行った時のことです。

いつも見てもらう医院長の先生がいないため、若い女医さんに診てもらいました。

怪我はたいしたことがなく、抗生物質を注射してもらって解決したのですが、

それとは別に、こんなことを言われました。

 

ドッグランに頻繁に行っているのであれば、ダニやノミの対策として「フロントライン」

を使ったらどうですか?

 

私のつたない知識では、フロントラインは毒性が強くあまり使いたくないと思っていた

ので、今回は断りましたが、実際のところこれでよかったのか確信できません。

 

普通に散歩やドッグランに行って、ノミやダニの被害にあうということが、それほど頻繁

にあるのでしょうか? それに、予防をするということでなく、実際に被害にあってから、

対処するのではダメなのでしょうか?

 

犬の健康のために必要な処置のか、それとも、製薬会社の戦略に乗せられているのか、

そこのところの見分けがつきません。

 

ご意見いただけると嬉しいです。

 

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


喧嘩のきっかけは何? - 2011.06.14 Tue

ドッグランでJOYは、また喧嘩になりました。

前回も、喧嘩になったので注意していたのですが、

未然に防ぐことはできませんでした。

 

今度は、耳に傷を負いました。

相手は、シベリアンハスキーです。

 

やはり、今回も、最初は友好的だったのですが、

突然に喧嘩が勃発してしまったという感じです。

 

ランにでの態度ですが、最初は、こんな感じでした。

楽しそうに遊んでいます。

 

 

相手のシベリアンハスキーですが、3頭(全て♂)いたのですが、

喧嘩になったのは、その中でリーダーと思われるワンちゃんです。

 

ひょっとして危ないんじゃないかと思い、動画や写真を撮っていました。

喧嘩にいたるプロセスを、動画や写真を通じて解明できたらと思った

からです。

 

そんな中、こんな一こまがありました。

 

 

これは、喧嘩になる直前の写真です。

二頭のハスキーにいたぶられている?JOYの姿が映っています。

 

これを見ると、挑発されているような気がしてなりません。

これだけでは、なんともいえませんが、これだけ頻繁に喧嘩に

巻き込まれると、考えさせられます。

 

ドーベルマンは犬からも嫌われる犬種なのでしょうか。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


犬の相性 - 2011.06.10 Fri

人間にも相性があるように犬にも相性があるのでしょうか?

 

先日、ロットワイラー君とドッグランで一緒に遊びました。

飼い主の方は、ご夫婦ともブラジルからこられた人です。

日本語が堪能で、犬についてこれまでも、いろいろとお話し

する機会がありました。とってもに素敵なご夫婦です。

 

 

ただ、犬同士が会うのは、初めてでした。

最初は、とても仲良くしていました。

 

 

ところが、しばらくたつと・・・・・

壮烈な喧嘩が始まりました。

 

ロット君が、JOYの行動に不満を持ったのか突然、攻撃してきた

のです。あっという間の出来事でした。

 

JOYが反撃に転じるちょうどそのタイミングで、仲裁に入りました。

これが3度目の喧嘩ですが、発端はいつも、このパターンです。

 

JOYは鼻と唇に傷を負いました。これも経験なのでしょうか。

どうして、このように突然、喧嘩が始まるのか、私としては

理解に苦しみます。犬の習性に詳しい方がおられたら、

是非教えてください。

 

PS: Iさん、ちゃんとブログを更新しましたよ。

   つたないブログですが、気にしていただいて嬉しく思います。

 

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


AYAの創作料理第1号 - 2011.06.05 Sun

AYAは眠り姫。

今日は午後1時起床。

睡眠時間は13時間です。

 

今日の朝は、PAPAもMAMAも留守。

おばあちゃんとAYAだけです。

 

昨日の夕飯の残りのミートソースを使って、

AYAが創作料理を作りました。

 

ピーマンを半分に切って、

その中にミートソースをつめ、

フライパンで焼きます。

 

それ以外にも、ベーコンを適当な大きさに

切ってフライパンで焼きました。

 

それらをお皿にもって、出来上がり!

 

 

おばあちゃんに手伝ってもらったものの、誰にも教わらず、

こうして、初めてのAYAの創作料理が出来ました。

  

  にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ  人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ

  ↑↑↑のバナーをクリックしてもらうと励みになります!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (166)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (108)
犬のご飯 (42)
健康 (71)
知識 (51)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (13)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (15)
犬にまつわること (6)
AYA (132)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (60)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (13)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (32)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (6)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)
雨の日のこと (1)
非常事態 (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア