topimage

2017-08

知能犯 - 2017.07.23 Sun

ドーベルマンは、飼い主とのかかわりを強く求める犬種だ。これはドーベルマンが、飼い主を守るという使命をもったガードドッグとして、ブリーディングされてことにもよるのであろう。



IMG_2321.jpg



休日の日は、私はJOYをどこでも連れていく。JOYにとって人と一緒にいることは、最大の喜びなのだ。たとえ家の中にいても、JOYは人と同じ部屋にいなければ気が済まない。



IMG_2384_2017071920035534a.jpg



同じ部屋にいても、自分が輪の中に入っていないと感じると、自分に注意を向けさせようとする。妻と話していると、どこから見つけてきたのか、靴下を口に咥えて私の前を通る。



IMG_2264.jpg



誤飲の恐れがあるためJOYが口にすることを固く禁じているものを、咥えて私にアピールしているのだ。「ほら、見て!こんないけないことをしているよ」


私がJOYに対して注意を向けさせる状況を意図的に作っているのである。

JOYは、なかなかの知能犯である。



【インスタグラム doberman_joy もよろしくお願いします】




犬ブログ広場へ


甘えん坊なのは何故❓ - 2017.07.16 Sun

JOYは常に私のそばにいたいと思っている。休みの日は一日中、片時も私のそばを離れない。あるドーベルマンの飼い主は「ドーベルマンはマジックテープのようだ」と言っていた。面白い表現だと感心した。べたべた飼い主にくっつく姿は、たしかにマジックテープそのものだ。



IMG_1981.jpg



もしかすると甘えん坊の性格は、ドーベルマンの犬種特性なのかもしれない。私は、JOYが初めての犬なので、ほかの犬と比較することができないが。ドーベルマンは、ガードドックとしてブリーディングされてきたことを考えると、人に対する愛着や忠誠心が強いのかもしれない。



IMG_2058.jpg



とはいえ、育て方による影響もあるだろう。うちでは、JOYもAYAもどちらも甘えん坊そのものだ。私はこれまで二人を同じように、育ててきた。溢れるばかりの愛情をこれまで注いできたことが、二人を甘えん坊にさせたのかもしれない。



IMG_2060.jpg



犬は、人間に依存して生活している。飼い主の考え方や生活様式にそって生きているといってもよいだろう。JOYが甘えん坊なのは、私がそれを求めているからなのかもしれない。



【インスタグラム doberman_joy もよろしくお願いします】




犬ブログ広場へ


犬の言葉を理解する - 2017.06.13 Tue

久しぶりのブログ更新。


インスタはどこでも簡単にできて便利だが、


落ち着いて考えたり、記録に残すときには


ブログの方が優れている。



IMG_0723.jpg



最近、YouTubeでDOGGY STATIONという番組をみつけた。


ドッグビヘイビアリストの田中雅織さんが犬の行動を分析し


分かりやすく解説してくれるので大変面白い。



IMG_0744.jpg



犬が発するサインは本で読んである程度は知っているが、


自然な犬の動きの中で、それを見つけるのは難しい。


次の動画で犬同士の会話を、田中さんの解説を聞くことで


はじめて理解することができた。





犬の行動が自然と分かるようになったら、どんなに楽しいだろう。




犬ブログ広場へ


寝る前の儀式 - 2017.03.09 Thu

以前は居間のソファーがJOYのベッドだった。しかし、JOYはソファーを何度も破壊し、そのたびに買い替えていたが、それも限界に達した。


IMG_0598 (1)


JOYを私のベッドに連れてきて、一緒に寝ることもあるが、やはり寝具を噛んで破壊し、掛け布団や枕をいくつもダメにしてくれた。


IMG_0602 (1)


昔はマザーグースの羽毛布団をかけて気持ちよく寝ていたものだが、今は、ニトリの一番安い掛け布団を愛用している。


IMG_0604 (1)


最近は、私の書斎の中に置いてある夏用の薄い掛け布団の上で寝ることが多い。一階よりも人が寝ている二階の部屋の方がJOYが安心するようだ。


IMG_0606 (1)


しばらく自分でベッドメイキングをした後、安心して眠るJOY。寝る前にJOYはいつも布団を足で引っかいたり噛んだりするが、これは寝るまでの儀式のようなものだ。


IMG_0485 (1)


寝るまでのわずかな時間、一緒にいて体をさすってやると、安心して眠りに落ちる。まるで、人間の幼児のようなものだ。



犬ブログ広場へ


友の死を悼む犬 - 2017.02.28 Tue

友の死を悲しむ犬の様子が、ネット記事に取り上げられていた。犬は、親しい間柄にある者に対して深い愛情をもち、その別れには心から悲しむ動物であることがよく表れている。


仲良しだった2匹の犬に訪れた突然の別れ。それは哀しくも素晴らしい愛に満ちていた。なんともハートブレーキングな話題が飛び出したのはタイ北東部のブリーラム県で22日のこと。車にはねられ(一部報道では毒を食べたとも)死亡した白い犬の亡骸は、飼い主が掘ったとみられる浅い穴へと移された。力なくその様子を見守っていた遺された茶色い犬は、なんとその土葬を手伝い始めたという。

(『仲良しだった犬の亡骸に…残された犬がとった行動がタイで話題』livedoor'NEWSより)


親友への最期の別れ


次の動画では、鼻で土を掛ける様子がはっきりみてとれる。これを見る限り、犬も人と同じように、死者を悼んで埋葬しているようにみえる。安易な擬人化は避けるべきであるが、動物学者はこの犬の行為をどのように解釈するのだろうか。



以前、サルが仲間の死を悼む様子が動画で紹介されてたことを思い出す。動物は、仲間の死をどのように捉えているのだどうか。



犬ブログ広場へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wonwon

Author:wonwon
2010年8月にドーベルマンJOYを家族に迎えました。JOYは一人娘のAYAにとってはまさに弟のような存在です。JOYと一緒に暮らすことで、家族みんなが楽しく豊かな生活を送ることができると信じています。ブログを通じて、一人でも多くの人と喜びを分かち合いたいと思います。インスタグラムdoberman_joyもやっていますのでよろしくお願いします。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (182)
散歩 (163)
ドッグラン (95)
しつけ (54)
意見 (107)
犬のご飯 (42)
健康 (69)
知識 (50)
その他 (114)
イベント (13)
オフ会 (13)
事件 (5)
旅行 (21)
本 (15)
犬にまつわること (6)
AYA (131)
AYAが書いたブログ (7)
AYAの活動 (43)
AYAの学習 (12)
AYAの中学校生活 (5)
自転車 (1)
行動観察 (59)
未分類 (39)
人間の食事 (8)
妻のこと (13)
母のこと (7)
観察 (2)
手作り (1)
散歩会 (5)
医療費 (1)
ゴールデンウィーク (2)
犬用具 (1)
犬のグッツ (2)
面白い動画 (3)
AYAの言葉 (4)
心の景色 (30)
特別な日 (10)
モモとの生活 (7)
気付いたこと (3)
病気 (2)
別れ (4)
犬と一緒の食事 (1)
お酒 (4)
公園 (8)
AYAの思い (3)
犬種特性 (1)
洋服 (1)
ある日の休日 (0)
休日のある日 (2)
お友だち (5)
里親活動 (5)
ペットショップ (1)
桜 (3)
夢 (1)
歌 (2)
ペットロス (1)
季節のこと (1)
AYAのこと (5)
怪我 (1)
ニュース記事より (1)
タイヤ交換 (1)
他の犬のこと (0)
ホワイトボクサー (1)
保護活動 (1)
将棋のこと (3)
メッセージ (1)
遊び (1)
ドーベルマンについて (2)
たわいのないこと (3)
新年の目標 (1)
動画 (0)
インスタ体験 (1)
雨の日のこと (1)

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア